管理栄養士のローカーボ・キッチン

お酢と血糖と内臓脂肪

東京は昨夜から雨がしとしと降っています。
梅雨入りも間近のようです。
ベランダのあじさいが、きれいに咲いていますよ。

さて、
ジメジメ、蒸し暑くなってくる季節、
お酢の酸味がさっぱりキリッと美味しく感じます。
(男性や子どもは、酸味が苦手な方が多いような気もしますが)

お酢は糖質制限の観点からみてみると、
血糖の上昇を緩和させるはたらきがあることが知られています。

またミツカンの研究によると、
毎日、大さじ1のお酢を摂取すると、
内臓脂肪が減少したというデータもあるようです。

もちろん、お酢を飲めば痩せるわけではありません。
菓子パン、食パン、ドーナッツ、
ラーメン、天丼、
カップ麺、市販の弁当、
スナック菓子、スイーツなどなど、
ジャンクな糖質の過食をしていては、
お酢の効用など吹き飛ばされてしまうこと間違いないでしょう。

そのほか
お酢は、
肉や魚介にふくまれるカルシウムを溶け出しやすくし、
煮汁ごと食べる事で、
カルシウムを効率良く摂取できる特徴ももっています。
カルシウムが豊富な殻付きあさりや鶏がらのスープを煮出す際には、
お酢を加えるのも良いさそうですね。

食べる煮干しと蒸し大豆、
ボイルした野菜やきのこを、
お酢としょうゆで和えておくのもおすすめです。

「調味酢」には、ブドウ糖果糖溶液や化学調味料、
カラメル色素など添加物が含まれるものもあります。

また、伝統的な製法でお酢を醸造するには、
JAS(日本農林規格)で定められた規定量の何倍もの原料と、
多くの手間と時間を要するため、
おのずと価格は割高になるようです。

価格にも、意味がありますね。

大規模食品企業によって
大量生産され、
安価で出回るものが大半のなか、
前回のブログでも紹介したアメリカの
「ミート・ブティック」もそうですが、
商品の質を重視する結果、
小規模で比較的高価にならざるを得ないのだと思いますが、
だからこそ、
そのような良い商品を選択し、
大切に美味しくいただくことで、
生産者の経営も応援でき、
健康の土台を築けるなら、
たとえば、
毎月の携帯電話の通信代や、
面倒だからとつい買ってしまう
自動販売機の水分
(お茶や清涼飲料水、コーヒーなど)に支払う金額を見直し、
良くつくられた基礎調味料に数百円をまわすことは、
有意義ではないかとも考えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

生理について

いつもブログを楽しみにしています。
私は、糖質制限を始め恐らく6年くらい経っていると思います。現在41歳です。

元々ほぼ菜食だったので、最初は豆腐と野菜が中心となる女性にありがちな糖質制限でした。
その後段々と肉魚卵も食べられるようになり、ここ3年くらいは動物性タンパク質三昧となっています。
元々ダイエットではなく、アレルギー、アトピー対策として始めたのですが、
日常的なだるさ・疲れやすさの軽減、アレルギー症状の改善、アトピー含め肌がきれいになったなどこれからも糖質制限を続けていきたいと思っています。

ただ、一つだけ問題があります。
糖質制限を始めてから生理が不順になり、開始後1~2年で薬がないと無月経になりました。
ずっと病院通いです。
すぐに糖質摂取を再開すれば良かったのかもしれませんが、眠れないほどのアトピーが良くなったこともあり怖くて再開できませんでした。

諸事情で病院を変えることになり、今回3つ目の病院で、「6年前の時点で若年性更年期だったのだろう」と診断されました。
反対されるのも怖く糖質制限のことは話していません。
体重はストレス等で4キロ位変化する時もありましたが、6年というスパンでみると変化ありません。

海外でのイソフラボン害のことも読み、多少大豆製品を減らした時もあるのですが、変化ありませんでした。約10カ月くらい制限したのですが(完全ではありません)、
元々好物だったことと、大豆製品を全て抜くには
糖質制限を続けることが難しくなり、また再開してしまいました。

ここ1.5年くらいは苦手な脂質もできるだけ摂るようにしたりしているのですが、生理だけは改善されません。せっかく他の症状が良くなり、生活の質が上がり、子供の頃から恐怖だったアトピーも良くなったので、(糖質制限の範囲で)食べることが楽しくなったのに、と辛く思います。

通院しているものの、もう止まってしまって長く経つので今更糖質摂取をしても生理は再開しないかもしれませんが、改めて36歳の時点で若年性更年期だったと診断され、ショックを受けています。

江部先生のサイトで質問させて頂いた時には、体重変化無し、栄養も摂れているから、と何もアドバイスはなかったのですが、先生は女性ならではの視点と経験でお話頂けるかと思いました。

ホルモンの材料となるというコレステロール値は菜食の時から高く、糖質摂取を始めたら、確か基準値の倍以上言ってしまいました。今は若干落ち着き始めましたが、まだまだかなり高めです。

長文で失礼しますが、よろしくお願いします。

はなのすけ | URL | 2016/06/07 (Tue) 12:00 [編集]


Re: 生理について

はなのすけ さま
コメント、ありがとうございます。
糖質制限食は、食後血糖値を急上昇させないという、
そして、結果、主食ではなくおかず=必須栄養素を食べるという、
ヒトの代謝に自然な食事の摂り方になるため、
糖尿病や肥満だけでなく、現代病といわれるようなさまざまな症状に関して、
改善に関係しているのかもしれないと考えています。

生理に関してですが、
一般的には、現代人は、
早い年齢での初潮、遅い年齢での閉経、初めての妊娠年齢の遅れていますが、
個人差も大きいように感じています。

もうひとつ、
わたくしもそうですが、
主食を基本に抜くという糖質制限食は10年前からはじめて続けていますが、
生まれて40年近くは、ずっと、毎日、毎食、主食メインの食事を続けていましたので、
人類の進化の尺度からみれば、
ヒトの消化管機能に食後高血糖を起こさない食事は自然であると考えられますが、
その人間の100年足らずの人生の中では、
40年目にして突然に食事内容=代謝が変化したとも言えます。
そのことによって、さまざまな変化があるわけですが、
もしかしたら、生理も、そのような変化のひとつなのかもしれないとも考えられますね。
すべて仮説で恐縮ではありますが、
そもそも、
生理がはじまる年齢、閉経の年齢は、
古い時代の女性(生まれた時から糖質制限食=狩猟採集時代の女性)は、
今日の女性に比較して、どうだったのでしょうかね。
「古い時代の人は、今日の女性に比較して、
はるかに食事からの鉄吸収が高く、貯蔵鉄も豊富であった。
これは動物性タンパク質(さまざまな形態の肉)と、
おそらくはアスコルビン酸の摂取がきわめて多かったからである」
と栄養学の教科書に記述がありました。


> いつもブログを楽しみにしています。
> 私は、糖質制限を始め恐らく6年くらい経っていると思います。現在41歳です。
>
> 元々ほぼ菜食だったので、最初は豆腐と野菜が中心となる女性にありがちな糖質制限でした。
> その後段々と肉魚卵も食べられるようになり、ここ3年くらいは動物性タンパク質三昧となっています。
> 元々ダイエットではなく、アレルギー、アトピー対策として始めたのですが、
> 日常的なだるさ・疲れやすさの軽減、アレルギー症状の改善、アトピー含め肌がきれいになったなどこれからも糖質制限を続けていきたいと思っています。
>
> ただ、一つだけ問題があります。
> 糖質制限を始めてから生理が不順になり、開始後1~2年で薬がないと無月経になりました。
> ずっと病院通いです。
> すぐに糖質摂取を再開すれば良かったのかもしれませんが、眠れないほどのアトピーが良くなったこともあり怖くて再開できませんでした。
>
> 諸事情で病院を変えることになり、今回3つ目の病院で、「6年前の時点で若年性更年期だったのだろう」と診断されました。
> 反対されるのも怖く糖質制限のことは話していません。
> 体重はストレス等で4キロ位変化する時もありましたが、6年というスパンでみると変化ありません。
>
> 海外でのイソフラボン害のことも読み、多少大豆製品を減らした時もあるのですが、変化ありませんでした。約10カ月くらい制限したのですが(完全ではありません)、
> 元々好物だったことと、大豆製品を全て抜くには
> 糖質制限を続けることが難しくなり、また再開してしまいました。
>
> ここ1.5年くらいは苦手な脂質もできるだけ摂るようにしたりしているのですが、生理だけは改善されません。せっかく他の症状が良くなり、生活の質が上がり、子供の頃から恐怖だったアトピーも良くなったので、(糖質制限の範囲で)食べることが楽しくなったのに、と辛く思います。
>
> 通院しているものの、もう止まってしまって長く経つので今更糖質摂取をしても生理は再開しないかもしれませんが、改めて36歳の時点で若年性更年期だったと診断され、ショックを受けています。
>
> 江部先生のサイトで質問させて頂いた時には、体重変化無し、栄養も摂れているから、と何もアドバイスはなかったのですが、先生は女性ならではの視点と経験でお話頂けるかと思いました。
>
> ホルモンの材料となるというコレステロール値は菜食の時から高く、糖質摂取を始めたら、確か基準値の倍以上言ってしまいました。今は若干落ち着き始めましたが、まだまだかなり高めです。
>
> 長文で失礼しますが、よろしくお願いします。

tamami oyanagi | URL | 2016/06/10 (Fri) 06:09 [編集]


お忙しいところ、返信ありがとうございました。

他の身体の変化が好ましいだけに、続けていきたいのですが、難しく思います。

人よりずっと早く歳を取っていくのであれば、
人生の折り返しと腹をくくるしかなさそうですが、なかなか踏ん切りというか諦めが付きません。
人それぞれ、歳の取り方も個性でしょうが
わが身に起こるとなかなか受け入れがたいものがあります。

はなのすけ | URL | 2016/06/17 (Fri) 10:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)