管理栄養士のローカーボ・キッチン

乳製品とマグネシウムについて

先週は、
高松へ、大阪へと行ったり来たりで、
暇を見つけては、
テレビで
オリンピック、
高校野球観戦、
そして
神宮球場へ
ヤクルト対巨人戦の観戦に出かけるなどで、
ヨガに行く暇がなく、
自分が体を動かすことがまったくできていません、、。
そして、神宮へ行く度に、
一つずつ、燕グッズが増えております、、。

11日(山の日)
高松サンポート大ホールで、
桑島内科医院(東かがわ市三本松751) 主催、
株式会社オーソモレキュラー.jp後援、
『女性を元気にする講演会in高松
 腸からかわる女性の健康』
にお呼びいただき、大柳は
「食べ方だけで不調をなくす栄養と食事のはなし」
をおはなしさせて頂きました。

栄養療法の第一人者である
溝口徹先生からは
グルテンフリーのおはなしを、
桑島康子先生からは、
腸の健康のためと思っての乳製品摂取の弊害や、
ミネラルのおはなしを頂きました。

桑島康子先生のおはなしでも大きく取り上げられた
乳製品の摂取とマグネシウムのおはなしの中で、
今日は、マグネシウムのはなしをまとめたいと思います。

乳製品の摂取に関しては、
『乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか』
ジェイン・プラント (著), 佐藤章夫 (翻訳)

『黒い牛乳』 (経営者新書)
中洞 正 (著)

『なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害』 (プレミア健康選書)
フランク・オスキー (著), 新谷 弘実 (その他), 弓場 隆 (翻訳)

などを今、読んでいますが、
こちらは、改めてまとめて記事にしたいと思います。

乳製品を毎日、摂る方はとくに、
マグネシウムの不足に注意が必要です。
乳製品は、カルシウムを豊富に含みます。
カルシウムは体内ではたらくときには
マグネシウムを要するため、
カルシウムを摂取するなら、
マグネシウムの摂取も心がけないと、
ミネラルバランスが崩れます。

煮干し、するめ、干しエビ、イワシの丸干しなど
干された海産物、
干しヒジキ、乾燥わかめ、青海苔などの乾物の海藻類、
大豆、納豆、きなこ、豆腐などの大豆製品、
ごま、落花生、アーモンドなどの種実類、
そして
玄米ご飯は、
マグネシウムが豊富な食品ですが、
これらの食品は、
マグネシウムだけでなく、
カルシウムもあわせて含むのが特徴です。

和の食材は、ミネラルバランスが取りやすいのですね。

マグネシウムは、
糖尿病で糖質を食べる方で血糖の乱高下がある方、
糖尿病で高血糖の状態が長く続いていた方も、
マグネシウムの尿中排泄が促進されるため、
不足しやすくなります。

マグネシウムは筋肉や心臓を正常に動かすときに
欠かせないミネラルなので、
不足によって、
不整脈、心臓発作、動脈硬化、
虚血性心疾患のリスクが高まります。
また、
手足のしびれ、ふるえ、けいれん、
運動中や就寝中のこむら返りなどが起こりやすくなります。

心疾患、足のこむら返りなど
糖尿病の方の合併症や不快感は、
マグネシウムの摂取によって、
いくらか減らせるかもしれません。

そのほか、
マグネシウムは、
ストレスによっても尿中に排泄されることがわかっています。
精神的ストレスだけでなく、
紫外線、電磁波、冷暖房完備による寒暖の差など、
現代人は、物理的ストレスにも多くさらされます。

大量のアルコールた利尿剤も不足を招きます。
肉や加工食品、清涼飲料水などに含まれるリンは、
マグネシウムの吸収を阻害します。

厚生労働省「平成21年国民健康・栄養調査」によると、
マグネシウムの平均摂取量は
20歳以上の男性では264mg、
20歳以上女性では234mgです。
これによれば、
食品からの摂取量だけでは
男性では100mg前後、
女性では50mg前後のマグネシウムが
毎日不足していると推定されます。

マグネシウム摂取基準
性別      男性      女性
年齢(歳) 推奨量(mg/日) 推奨量(mg/日)
1~2   70     70
3~5   100     100
6 ~7   130     130
8~9   170     160
10~11   210     210
12~14   290     280
15~17   350     300
18~29   340     270
30~49   370     290
50~69   350     290
70以上   320     260
(日本人の食事摂取基準2010年版より)


カルシウムとマグネシウムの摂取比率は、
2:1とする文献が多いですが、
その比は
1:1がいいのではないか、という意見もあるようです。

カルシウムが豊富で
糖質制限中の間食に食べやすい食材の中で、
クリームチーズがありますが、
あのしっとりとした柔らかさに、
マグネシウムが豊富な
青海苔、炒りごま、干しエビなどを
たっぷりまぶして食べるのも
つまんでもベタつかず、
チーズのコクに風味が加わり、
オススメです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先生、お忙しい中、マグネシウムについての詳しい記事を書いていただきありがとうございました。
私は遅延アレルギーで乳製品を控えていますので、カルシウム、マグネシウム両方を含んでいる和食材を上手く利用していくようにします。
先生の著書『食べ方だけで不調をなくす』は毎日の食事にとても役立っています。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

まりりん | URL | 2016/08/15 (Mon) 10:11 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)