管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質制限中の糖質との付き合い方

体脂肪を燃焼したいとき、
あるいは
インスリンや投薬を減らしたい、
なくしたいと思っている糖尿病の方など、
主食を抜くなど徹底して糖質制限をしたいと思っている期間中、
例えば、仕事先で、
一斉に出された仕出し弁当を食べなければならなくなったとき、
どうするか、というご質問を頂きました。

私自身、そのような状況は何度か経験がありますが、
基本、お弁当の場合、
おかずの中で食べられそうなものは頂き、
ごはんはほとんど残すことが多いです。
(たまに大手の、工場でつくるようなお弁当屋さんお弁当でなく、
地方の小さなお店の手作り弁当のようなお弁当の場合、
炊きたてごはんがとても美味しそうなときは、
ちょこっとつまむこともあります)

お弁当のおかずよっては、
ほとんど食べるものがないときもありますが、
それはそれで、
1日のうち1食くらいは
食事ができないとしても気にしません。

常に、出かける際は、
携帯サイズのココナッツオイルと
くるみなどのナッツを持ち歩いていますので、
エネルギーが摂りたいときは、
それらを活用します。

実際、最近は、
クリニック勤務の毎週月曜日のランチは、
ココナッツオイルと
アミノ酸ほかサプリメントだけで済ますことも多いです。

基本、朝ごはんはしっかり食べ、
1日3食摂りますので、
1週間に1回くらい食事を抜いても、
胃腸が休まるかな、くらいに捉えています。

逆に、あえて、
積極的に糖質を楽しむときもあります。
美味しい糖質を食べるときです。

基本、限られたお店でしか積極的に楽しむことはありませんが、
その限られたお気に入りのお店で積極的に楽しむことがあるのは、
パスタとリゾットと日本そばとラーメンです。

そのほか、
出張先や旅先で、
積極的に糖質を楽しむとしたら
日本酒です。
それでも甘く感じることが多く、
飲んでもグラスに2〜3杯で
焼酎に切り変えることが多いですね。

地元吉祥寺に、
よなよなビアワークス吉祥寺店がオープンしたので、
たまにビールを楽しむときはこちらで
クラフトビールを小さいサイズで1〜2杯
香りを楽しみながら頂くこともあります。

10年前の糖質制限をしはじめてすぐの頃は、
糖質オフのもどき食品や
もどきビール
もどき甘味料などをよく活用していましたが、
今は、ほとんど使うことがなくなりました。

糖質は基本、毎食、毎日、
主食を抜く、
甘いものやお菓子は食べないなどで制限していますので、
食べるときは、
良いもの、本物を摂るようになりました。
その方が単純に美味しいと感じるので。

甘味料も、最近は、
料理には本みりんを使っています。
調味料で使う甘味料は、
1人分、大さじ、小さじ程度のはなしです。
本みりんは発酵食品としての良さもあると考えるようになりました。

そのほか、娘には、
メイプルシロップやはちみつを使うこともあります。

10年前、糖質制限にだけ意識が向いていたときと比べ、
糖質制限の実践中に摂取する食品は、
それが糖質系の食品であれ、
そのほかの食品であっても、
できるだけ、良く作られた、
できるだけ、精製されていないなど
自然なものを選ぶようになりました。

どんなに糖質はオフできても、
グルテン、トランス脂肪酸、植物油(リノール酸)、
保存料などの食品添加物、
人工甘味料を毎日、摂るくらいなら、
それらが含まれていない自然な糖質を
たまに摂るほうがいいなと考えています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)