管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質の良と質

プロ野球が盛り上がっておりますね。
広島東洋カープが25年ぶりに
セ・リーグ優勝、間近ということで、
先日、神宮球場へ広島戦を観に行ったのですが、
ホーム席から見えるビジター席は一面、
真っ赤に燃えがっておりました〜〜

糖質制限の実践における
おかずの食べ方と、
糖質の良と質について考えてみたいと思います。


元気で長寿でいるための健康を考えると、
食後高血糖を防ぐことはもちろん大切ですが、
高血糖の結果、
体内で起こる糖化をいかに防ぐことができるか、
活性酸素をいかに除去できるか、
そのパワーが大事ではないかと考えます。

そのパワーの違いが、
例えば、
血糖が高くても、
あるいはタバコを吸っていても、
元気に長生きする人とそうでない人の
ひとつの大きな差を生む要因ではないかと考えます。

我が家の糖尿人のお父様も糖尿病でした。
昔の方ですし、性格的にも、
糖質制限はするはずもなく、
タバコも吸い続け、
それでも事故でなくなる91歳まで、
麻雀は強く、
とても元気でした。

食事は、
基本、田舎の方は、多くはそうかもしれませんが、基本、
その土地で、
その季節にとれる野菜や魚介を食べ、
外食や、
コンビニやスーパーの加工品を食べることはほとんどなく、
油脂が使われるパンの常食もなく、
結果的に、
酸化油脂やトランス脂肪酸の摂取は
ほとんどなかったと思われます。

加工品を摂らないということは、
食品添加物の摂取も少なかったと考えられます。

糖質制限で体調がよくなるのは、
輸入小麦粉とトランス脂肪酸で作られるパンの常食、
カップ麺やチャーハンなどの油まみれの主食、
コロッケやトンカツやポテトサラダなど市販の惣菜、
ドーナッツやクッキー、スナック菓子などの菓子類など、
糖質を制限する結果、
糖質にくっついていた
酸化油脂やトランス脂肪酸、
農薬やグルテン(輸入小麦)の摂取がなくなることも、
大きな要因であると考えます。

サラダ油を高温で加熱するような調理法や、
マヨネーズを大量にかけるなどの食べ方でなく、
また、主食だけを大量に毎食食べるなど、
極端な大食漢でない限り、
炊いただけのごはん、
蒸しただけの芋類やかぼちゃやくり、
ただのトマトの丸かじり、
あわ、ひえ、そばなどの雑穀類など、
ただの糖質=エネルギーの摂取自体は、
それほど問題ではないのかもしれないと考えます。

しかし、やはり、
その前に大事なのは、
おかず=栄養摂取です。

野菜や海藻、きのこ、こんにゃくなど、
毎食、たっぷりの食物繊維、
魚や肉、卵など動物性たんぱく質、
大豆製品から植物性たんぱく質を合わせると、
結果的に、
たんぱく質だけでなく、
ほぼすべてのビタミンB群をはじめ、
脂溶性ビタミンや抗酸化成分など、
健康長寿に必要な栄養素がくまなく摂れます。
腸内粘膜の材料や消化酵素も摂れます。

糖質制限の本質は、
糖質という量の制限による高血糖が防げるという現象に加え、
主食を控える結果、
おかずを食べること=栄養摂取による健康効果もあると考えます。

であれば、
おかずの質が大事です。
たとえば、
肉をたべるつもりの、
ホルモン剤、食品添加物、酸化油脂の同時摂取は
注意しておきたいところです。

そして、
糖質制限食を健康食としてみるならば、
糖質が悪いのではなく、
極端に加工されすぎた糖質が悪いともいえます。

糖尿病になってしまった方は、
極端に加工されすぎた糖質でなくても、
たとえば、
雑穀や、くり、芋でも、
糖質の質ではなく、
糖質の量に比例して血糖が上がってしまうため、
運動ではなく食事で合併症を予防するためには、
糖質の質ではなく量を制限するしか術がないともいえます。

しかし、
未病のためや健康目的の糖質制限食の実践であれば、
糖質の量ではなく、
糖質の質を考えることも大切だと考えています。
もちろん、おかずの質も。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)