管理栄養士のローカーボ・キッチン

大豆製品とイソフラボン

大豆製品と大豆イソフラボンの過剰摂取について
ご質問をいただきました。


糖質制限食=おかずでおなかいっぱい食を続ける上で、
大豆製品は、
調理の手間がなく、
食べやすい味覚でもありますね。

お豆腐はこれからの季節、
湯豆腐や鍋でも大活躍です。

納豆にはアマニ油を入れて、
納豆キナーゼで血栓をこわし、
アマニ油で血栓を流すうえでは、
夕食時や就寝前の間食などに食べておくのも、
就寝中にできやすい血栓対策に効果的です。

無調整豆乳は、
牛乳の質が気になる方、
また、アレルギー予防、改善の観点から
牛乳(カゼイン)を控えている方にとって、
ソイラテやココアなどを作るのにも適していますし、
豆乳チャウダーなども
これからの季節は暖かいスープメニューでも楽しめますね。

冷凍の枝豆は、おやつやおつまみに、
蒸し大豆は、サラダやスープの具に、
手間なく、おいしく使えます。

高野豆腐は乾物なので買い置きに便利です。
高野豆腐は、大豆製品の中でも
大豆サポニンを多く含みます。
大豆サポニンは、
体内で日々発生する過酸化脂質の増加を抑制し、
結果、
老化やガン化防止に役立ちます。
そのほか、脂肪の代謝を促し、
肥満を予防する効果や
肝機能の障害を改善する効果も報告されています。

大豆製品、食べ過ぎる結果、
大豆イソフラボンの過剰摂取とその危険性について
話題になったことがありますが、
通常の範囲内の摂取であれば、
副作用について心配はないということが現在の結論のようです。

とくに40代になり閉経に向かう女性や
閉経後の女性にとっては、
大豆製品は強い味方となりそうです。

大豆イソフラボンは
女性ホルモンのエスロゲンにに似た構造をもち、
体内で女性ホルモンと似た作用を得られます。

また、大豆イソフラボンは、
エストロゲンとプロゲステロンのバランスを保つ
はたらきもあることがわかってきています。

さらに大豆イソフラボンと運動(週3回)によって、
閉経後の女性の骨粗鬆症予防の効果も報告されています。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所によると、
大豆イソフラボンの摂取量の目安として、
中高年女性の場合、
1日40〜100mgとされています。

同じく、独立行政法人 国立健康・栄養研究所によると、
大豆製品に含まれるイソフラボンの量は

納豆 1パック(40g)  50mg
豆腐 1/2丁(100g)  50mg
豆乳 1カップ(200ml)  45〜65mg
きなこ 大さじ1強(20g) 50g

となっています。

日によっては、100mgは超えそうですね。

気になる場合、
女性ホルモンのレベルは血液検査でわかりますよ。

ちなみに、わたしは、4年ほど前、体調を崩し、
年頃でもあったため、
勤務先で血液検査をしたところ、
副腎で産生されるホルモンの一種で、
エストロゲンの前躯体となる血中のDHEA-Sや
性ホルモンの値が低かったので、勤務する
ひめのともみクリニックで、
それらのメディカルサプリメントを活用したところ、
2ヶ月後の血液検査ではいずれも数値が戻り、
体調も戻り、
それ以降、それらのサプリメントはやめて、
大豆製品を日々、意識して食べることと、
酒量とストレスを減らすようにも心がけ、
ジムでの筋トレを経由して、
現在はヨガになっておりますが、
定期的に筋トレやストレッチなど運動を続けています。

血液検査(生化学情報)は、
ひとりひとりの栄養状態と、
必要な栄養素と、その量を解析する上で役立ちます。

解析できる医療機関と、
医師、コメディカルがいる全国の医療機関は、
こちらから検索できます。

「オーソモレキュラー.jp」
http://www.orthomolecular.jp/clinic/
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先生、早速記事にして下さりありがとうございます。
それぞれの大豆製品の具体的な食べ方と効能もとても参考になりました。
私の場合、毎日のイソフラボン量は基準値を超えているような気がします。
運動は週三回プール歩行を続けていますので、
神経質になりすぎない程度に、過剰摂取に気をつけていけばいいかなと思いました。
機会があればクリニックで調べてみます。

いつもお忙しい中ご丁寧に教えていただき本当にありがとうございます。

まりりん | URL | 2016/09/27 (Tue) 12:40 [編集]


先生、申し訳ありませんがもう一つご相談させて下さい。
糖質制限と乳腺症についてです。
私は閉経後3年、昔授乳期に乳腺炎を経験していますので、今までも軽い乳腺症のような症状がでることはありました。
最近またその症状が続いているのですが
これは糖質制限で脂肪や大豆製品を摂りすぎていることが関係しているのでしょうか?
自律神経が乱れやすいのでそれも一因かなと思うのですが、
顔の稗粒腫も増えてしまい、やはりエネルギー摂取のために脂質を摂りすぎているのかもしれないと素人ながら考えております。
乳腺症は乳腺の老化だと聞きましたが
糖質制限をするにあたって工夫できることはありますか?

糖質制限をあらゆる方面から指導して下さる医師が身近に見当たらず、ついつい先生を頼りにしてしまって申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いいたします。

まりりん | URL | 2016/10/13 (Thu) 10:06 [編集]


Re: タイトルなし

まりりんさま
乳腺炎後の症状と、
脂質や大豆製品の過剰摂取の因果関係は、わかりません、、。
いずれにしても症状が続く場合、
食事=栄養だけではどうにもならないことも多々ありますでの、
専門医や主治医に受診し
まずは血液検査など検査をしておくのが安心かと思います。

tamami oyanagi | URL | 2016/10/15 (Sat) 06:27 [編集]


お返事ありがとうございます。
症状が続く様でしたら受診してみます。
何度もお手数をおかけして申し訳ありません。

まりりん | URL | 2016/10/15 (Sat) 08:30 [編集]


Re: タイトルなし

まりりんさま
栄養療法を治療に取り入れている医療機関の医師であれば、
血液検査データから、
炎症の可能性、
インスリンの分泌、
エネルギー代謝、
ミネラルの損失など、
いろんなことを読み取れることができる場合が多いので、
セカンドオピニオンとして、
念のために受診されるのも良いかもしれませんね。
ご大事になさってください。

tamami oyanagi | URL | 2016/10/17 (Mon) 06:24 [編集]


先生、何度もアドバイスありがとうございます。
糖質制限だけではなく色んな方面から健康を考えていきたいと思いました。
参考にさせていただきます。

まりりん | URL | 2016/10/19 (Wed) 07:55 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)