管理栄養士のローカーボ・キッチン

石川県 栄養療法&糖質オフのカフェ

先週末、
石川県野々市市にある
野々市市情報交流館カメリアにて、
とりい皮膚科クリニック(野々市市)
オーソモレキュラー.jp主催で、
「女性を元気にする講演会」と題し、
栄養療法と糖質制限食の一般講演会が開催されました。

私は、
糖質制限食の安心、安全な実践方法について、
お話しさせていただきました。

定員100名のところ、
180名を超える方々にお集まり頂きました。

当ブログを見ていただいているという方とも
お会いすることができました。

とりい皮膚科の鳥居靖史院長をはじめ、
スタッフの皆々様、
会場の手配など運営に御尽力くださいました
株式会社MOYUの小坂浩美社長、
そして
お集まりいただきました皆々様、
心より御礼申し上げます。
有り難うございました。

株式会社MOYUでは、
「金澤MOYU工房」で、
糖質制限をやさしくサポートするための
低糖質のパンの開発と販売を行われています。
原料はすべて厳選した国産のみ。
添加物(イーストフード)未使用、
地元お酒粕とおからを使った、
美味しい糖質オフのパンが紹介されました。


前日は
石川県で栄養療法を治療に取り入れておられる
医師や医療機関のスタッフに向けて、
糖質制限理論を用いた栄養指導について、
お話しさせていただきました。

糖質制限の実践は、
病態や目的、
対象によって、
糖質の制限の具合を整理する必要があると考えています。

そしてもっとも大事なのは、
糖質制限した結果、
食べる栄養の質と量について、です。

糖尿病や肥満がある方にとって、
糖質制限の仕方は、
基本、
ゆるく、
ではなく、
3食、主食抜きのほうが、
効果的です。

しかし、やせがあって、運動されていたり、
消化吸収能力が少ない方には、
エネルギー確保の方法を、
丁寧に注視し、
提案する必要があります。

長年、高血糖を患っていた方は、
糖質制限をすればリアルタイムに
血糖コントロールは叶いますが、
尿中ミネラル排泄促進による心不全などへの予防対策、
「高血糖の記憶」に対する抗酸化対策なども、
考えておく必要があります。

ひとりひとり、
採血結果を見ながらの対応が不可欠です。

機能性低血糖症で
筋肉量が少なく、
やせがある方は、
糖質からのエネルギー摂取を
考えなくてはならない場合もあります。

そのような
個々人の病態、目的にあわせた
栄養指導の進め方を、
医師やスタッフ向けにお伝えする機会が
増えてきましたが、
今後も、需要があれば全国を回りたいと考えています。

金沢でのスタッフセミナーの前に
みらい病院(金沢市)
毛利郁朗副院長と奥様のお心遣いで、
糖質制限ランチをいただきました。

みらい病院では、
病院にいるとは思えない、
併設されたお洒落なカフェ
「クイーンオランジェ」で、
糖質制限ランチがいただけます。

これがとても美味しくてびっくりです!!

日替わりランチは週替わりで内容が変わるそうで、
このときは
(A)「鶏むね肉の真空調理
 バジルソース イタリアンオムレツ添え」
(B)「カニクリームコロッケ」
から選べます。

ランチの前菜
生ハム、ゆで卵もたっぷりです。
IMG_2017.jpg

ランチのスープ
アーモンドミルクのスープに
かき回すと、ホクホクいい具合の食感に火入れされた
ブロッコリーがたっぷり出てきます!
IMG_2018.jpg

ランチのメイン
真空調理のため胸肉がとてとしっとり、、
バジルソースもコクがあってとても美味しいです!
IMG_2020.jpg


ランチのデザート
チーズケーキ、ガトーショコラ、バニラアイス、マロンプリン
から選べます。私はバニラアイスにしました。
通常のバニラアイスより卵を多く使って特注で作ってもらっているそうです。
IMG_2022.jpg


ランチのほか、
低糖質パスタ、
赤身のオージービーフを使ったステーキなどの牛肉料理もあります。
こちらは
牛丼
IMG_2019.jpg
お肉が、旨味、かみごたえが素晴らしく、
食べ始めると、止まりません。
丼のごはんは、お豆腐ですが、
この豆腐の大きさや水切り具合が絶妙です。

その他のデザートはこんな感じです。

ガトーショコラ
IMG_2021.jpg

マロンプリン
IMG_2023.jpg

美味しさもさることながら
ボリューム満点で食べきれないほど充実したランチ定食は
前菜、スープ、メイン、デザート、食後の飲み物がついて
1200円

ほとんど儲けはないとのことでした、、、
そうですよね、、
これだけタンパク質、野菜たっぷりで、
食材も、バター、アーモンドミルク、「ラカントS」など
安心、安全を考えると安くは抑えられない部分もあります。

それでも
地域の皆さんの健康に
糖質制限や、タンパク質など栄養の大切さを伝えられればという、
みらい病院の先生方やスタッフの皆さんの想い、
じーんときてしまいました、、。


セミナーや講演会の中でもお話ししましたが、
基本、目的に合わせて
主食を抜くなどで日常、糖質制限を実践しておけば、
例えば、
特別な日は地酒を楽しむ、
新米の季節には白米ごはんを楽しむ、
和菓子とお茶でブレイクタイムを楽しむなど、
できるだけ添加物や酸化油脂や
トランス脂肪酸など栄養ではないものがついていない、
良い糖質を、
(結果的に糖質だけでなく食物繊維や栄養も摂取できる糖質を)
ハンドリングしながら、
楽しむときがあってもよいと考えます。
(米好きの私は、新米は楽しみにしております!!)

肥満や糖尿病など生活習慣病の改善のみならず、
予防のためにも未病のうちから
できるだけ食後高血糖を防ぎながら、
メリハリをつけながら、
精製加工された糖質の過剰摂取を防ぎ、
タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など
栄養=おかずも良質なものを選び、
安心、安全に続けていくことが大事です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)