管理栄養士のローカーボ・キッチン

食べたものがからだをつくる

東都大学野球連盟に所属する
日本大学野球部の栄養管理を、
1年ほど前からさせていただいています。

東京6大学と違って、
東都大学野球は4部制になっており、
秋と春のリーグ戦の度に、
それぞれの最下位と最上位が入れ替え戦を行います。
2部だったチームが1部昇格後、次のリーグ戦で優勝もあれば、
逆に、
1部にいても次のリーグ戦で2部降格も当たり前の、
実力が拮抗している東都野球は
「戦国東都」と呼ばれているほど、
高い実力が拮抗しています。

大学野球の名門、日本大学野球部も、
長い間2部にいました。
そんな中、1年ほど前に栄養管理のおはなしをいただき、
まずは寮の食事や試合前後の食事内容を全面的に変えました。
学生向けのセミナーも設けていただき、
スポーツ栄養についてお話し、
部員全員で共有できました。

栄養に関する取り組みは、
優勝という大きな結果の
小さなピースのひとつです。
部員全員の力があってこその結果です。
そして、選手を支える家族の姿を、
試合の日、神宮球場で何度か目にする機会もありました。
日々の食事作りに関しては、
栄養強化する分、
買い物や調理の手間がかかることになっても、
学生のためにと、
温かいものは温かく、
冷たいものは冷たくと、
いつも気を使って作ってくださる調理の方にも大変、お世話になりました。
仕事でご一緒した方に、
大学野球の栄養管理をさせていただいていることを話す機会があったあと、
野球部員全員に、
食品メーカーさんから差し入れを頂いたこともありました。
そしてなにより、
栄養管理も重要な戦略のひとつという認識のもと
指揮をとられた
監督のお力があり、
トントン拍子で一部昇格、
今シーズン12年ぶりにリーグ優勝を果たしました。

そして今、
全国の大学と高校の野球の頂点を決める、
明治神宮大会が開催されています。

今年は、
春、夏と、高校野球、そしてプロ野球、さらに侍ジャパンと続き、
今年は明治神宮大会まで、
どっぷり野球を楽しませていただいております。

野球に限らず、
アスリートは、日々、みんな一生懸命、
トレーニングや練習をしています。

それでも勝負の世界、
誰かが勝ち、
誰かが負けます。

アスリートにとって、
勝ちたいという想いや
練習量やトレーニング技術に、
それほど差があるとは思えません。

それでも
あと1秒、あと1センチ、
勝ち負けを分けるものはなんなのか、
そのひとつが栄養であると考えています。

とくに野球はそうだと思いますが、
瞬時に判断を求められる脳機能を高めることは極めて重要です。
しなやかな筋肉、骨、靭帯などなど、
からだつくる材料は、
タンパク質であり脂質です。
栄養素やエネルギーの代謝には、
ビタミンB群が欠かせませんし、
免疫には、ビタミンAやDなど脂溶性ビタミンも必要です。
スポーツというストレスのシャワーを浴びるような状況下では、
ビタミンCやEなど抗酸化栄養も欠かせません。
筋肉の動きにはミネラルも重要です。
ミネラルは、汗でロスし、
ストレスで消耗されるので、
補わないといけません。
足の裏を酷使するスポーツでは、
赤血球が破壊され、
生理のない男性でも、貧血に注意が必要です。

若い男性選手は、
(とくに胃腸が弱く、下痢しやすい体質の方は)
どちらかというと太りにくいので、
そのような方は
糖質という
手っ取り早しエネルギー源も賢く活用しながら
エネルギー確保につとめるのも手です。

逆に野球選手に多いですが、
中年以降のメタボ体型であれば、
アスリートといえども、
とくにオフシーズンは
夜だけ主食抜きなどの糖質制限も、
適宜、とりいれることも戦略のひとつとなります。

そして
栄養の消化吸収や免疫の要である
腸内環境を整えるために、
酸化油脂や食品添加物、
加工された乳製品や小麦製品の過剰摂取には
もっともと注意が必要です。

わたしたちは、
からだも、こころも、
わたしたちが食べたもの(栄養素)で作られます。

脳も、
半分はタンパク質、半分は脂質から構成されています。

アスリートに限らず、
好きだから、安いから、手間がかからないからという
選択基準で食を選ぶことは、
生命維持という
生物にとっての食がもつ本来の大事な側面を
失ってしまうので注意が必要です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)