管理栄養士のローカーボ・キッチン

新年のご挨拶


新年明けましておめでとうございます。

みなさま、良い新年をお迎えのことと存じます。

本年は、
糖質制限と栄養療法という栄養の科学を軸に、
咀嚼、消化、吸収など
消化管栄養についても栄養学的に考察し、
情報発信につとめたいと考えています。

栄養素は、消化吸収されなければ、意味がありません。

しかし、実際には、
栄養素の消化吸収がうまくいかない方が多いように
日々、クリニックでの栄養指導の際、感じています。

どんなに糖質制限をしても、
栄養を摂取しても、
それらの食品に、
腸内環境を乱すものが含まれていたり、
腸内環境を整えるものが少なかったりしたら、
良い効果を実感しにくいばかりか、
別の病気や不定愁訴につながりかねません。

ですから、
比較的、添加物や酸化油脂がふくまれにくいごはんを抜く
糖質制限の実践においては、
丁寧なおかず(食品)の選び方と
組み立てが重要であると考えます。

そして、とくに中年以降、
食事だけで、
体型や血液検査データが整わない、
あるいは改善がとまってしまう場合、
筋肉をつけるような運動もとても重要です。

とくに糖質制限をされる方にとって
筋肉のボリュームをつけておくことは、
経口摂取による糖質(血糖)にたよらず、
自前の糖新生機能による安定した血糖維持に欠かせません。

肝臓をきれいにしておくことも、
自前の糖新生機能による安定した血糖維持に欠かせません。
ですから、蒸留酒(糖質ゼロ)といえども、
お酒の飲み過ぎには注意が必要です。

本年も、
糖質制限の、
安心、安全な実践についての情報発信に、鋭意、尽力いたします。

本年も宜しくお願い申し上げます。

管理栄養士
大柳珠美拝
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)