管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質ゼロ麺でお昼ごはん

新年1月も、もう24日!
先日、熱海の初島まで行ってきましたが、
熱海港の近くの公園には、
早咲きの熱海桜が咲いていました。
IMG_2196.jpg

公園には猫ちゃんが
気持ちよさそうに日向ぼっこしていましたよ。
IMG_2193.jpg

IMG_2194.jpg


糖質制限理論を知り、学び、実践し、
その情報をブログで発信はじめたのは
2006年。
昨年でちょうど10年が経ちました。

当初は(今もそうですが)
管理栄養士をはじめ、
糖質制限なんて何を言ってるのと、
ずいぶんと異端児扱いされてきましたが、
今や、糖質制限理論は
いつの間にか、東大病院でも治療食として取り入れられているようで、
だからこそ2017年度は、
個人的には、糖質制限セカンドステージ、
新時代の幕開けにしたいと考えています。

糖質を制限するだけでなく、
糖質の活用方法、
タンパク質や脂質の摂り方、
筋肉トレーニングの重要性、
糖質ゼロでもアルコールの摂りすぎはNG、
低糖質食品の普及とともに考えておきたい
食品添加物や植物油との付き合い方など、
総合栄養学の観点から、
その科学を
毎日の食卓に落とし込むための方法を、
考えています。
改めて結果をご報告できるよう、
今日は自宅にこもって調べ物をしておりますが、
写真は、今日のお昼ごはんです。
IMG_2217.jpg

「糖質ゼロ麺」の具沢山ぶっかけ麺風です。

「糖質ゼロ麺」
ずいぶんお世話になっております。
糖質がゼロなところも良いのですが、
おからとこんにゃくでできているので、
食物繊維が手軽に摂れるのも魅力です。

糖質ゼロ麺は、
麺がやわらかいので、
いつも冷やし麺風にいただくのですが、
貝割れ大根と
ゆでた大豆もやしを添えるのが好きです。

それぞれのシャキシャキの食感が加わって、
やわらかい麺のアクセントになります。

大豆もやしは発芽野菜(スプラウト)です。
大豆イソフラボン、葉酸、
カルシウム、マグネシム、ビタミンCも含まれます。

貝割れ大根もスプラウトですが、
スプラウトには
イソチオシアネートという辛味成分が含まれ、
発がん物質の毒性を解毒して排泄する酵素のはたらきを助け、
免疫力を高め、
がんの発生や増殖の抑制効果が報告されています。

ブロッコリースプラウトなどスプラウトは、
室内で水耕栽培されているため、
化学肥料や農薬が使われることはほとんどなく、
また天候に左右されることもないので、
年中、価格が安定していて、
野菜高騰の折にはとくに頼りになります。


ひじきは、水でもどして熱湯でゆでておきます。
糖質ゼロ麺にトッピングするほか、
梅酢とあえてひじきドレッシングにしてサラダにトッピングしたり、
溶き卵に混ぜこんで和風オムレツにしたり、
納豆に加えても食感と風味が美味しいですよ。

タンパク質系食品は、
先日、仕事帰りのスーパーで、
甲いかの刺身用(さく)が割引されていたので
塩麹につけておき、
魚焼きグリルで焼きました。

刺身用の柵は、
スーパーなどでは夕方になると半額など、
セールになりやすいです。

まぐろ、かつお、ぶりなど
しょうゆや日本酒、本みりん、しょうがやにんにくなど
漬だれに漬けておいて、
表面をオリーブ油でさっとやいて
中がレアのステーキ風にするのもおすすめですよ。

今日のお昼ごはんには、
糖質ゼロ麺の具沢山ぶっかけ麺風に、
寒いので、
昆布、大根、人参、えのきと、
能登の「巻ぶり」があったので、
巻ぶりの塩気だけで、
あたたかい酒粕汁を作って添えました。

肉だけなど、
タンパク質だけでなく、
サラダだけなど、
食物繊維は生野菜だけでなく、
海藻、緑黄色野菜、きのこ、こんにゃくなど組み合わせ、
自然な食材がもつ栄養のパワーを
おいしくいただきたいものです。







スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)