管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質摂取と筋トレ、イヌリン

IMG_1694.jpg

今日は節分ですね。
あさっては立春。
春の選抜高校野球の出場校も決まり、
プロ野球は春季キャンプイン、
そして
WBCは大谷投手辞退と!
侍ジャパンユニホーム付きチケット、
早々に購入し楽しみにしていたので残念ですが、
大谷投手がいちばん残念でしょう、、、。

っと野球ネタはつきませんが、
節分といえば、恵方巻き。

恵方巻き(巻き寿司)1本に使われるごはんの量は、
ごはん茶碗2膳分、300gほどが一般的です。
となると、糖質量約110g。
我が家の糖尿人なら、
食後血糖値300mg/dl超え!!となります!!

糖尿病の方は、
それでも食べたい場合は、
がっつり糖質摂取のときは、
投薬に頼ったほうが無難です。

いわしと煎り大豆は
タンパク質、ミネラルを確保でき、
糖質は少ないので、安心です。


肥満がなく、
筋トレや運動、
しっかり歩くトレッキングの前後など、
タンパク質(プロテイン)とともに糖質を摂取すると、
筋肉の栄養=タンパク質の確保とももに、
筋肉を増量するはたらきもあるインスリンを
糖質摂取によって利用でき、
かつ、
糖質摂取によって
糖新生機能を節約することで、
筋肉からのアミノ酸消費を節約できるので、
恵方巻きは、
しっかり運動をした後に、
プロテインやBCAAとともに、楽しむという手もあります。

菓子パンやお菓子など
ジャンクな糖質ではなく、
玄米おにぎりや麹の甘酒など
良質な糖質がおすすめですが。

糖質を摂取する場合は、
「イヌリン」など血糖の上昇を抑える水溶性食物繊維を
食前に摂取しておくのもおすすめです。

IMG_2220.jpg

写真は、
イヌリンが豊富な菊芋100%の
ノンフライチップです。

1袋40gあたり
糖質は5.6g
食物繊維(イヌリンを含む)は25.6g

甘いものより、
塩気のカリカリっとしたおやつが欲しいときに、
おすすめです。
香ばしいごぼうのような香りが楽しめるチップです。

今週は、ずっと自宅に引きこもり、
朝から夕方までパソコンに向かい、
ヨガにも行けていません、、。

明日は、ヨガの予定です!
深く長く質の良い呼吸を意識し、
からだとこころのバランスに目を向け、
リフレッシュしたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)