管理栄養士のローカーボ・キッチン

ハマりもの

ご無沙汰しております。
バタバタとしております。
ヨガにも通えていません、、。

今日は、最近、ハマっている食品など
ご紹介します。

まず
こちらのメーカーのMCTオイルをみつけてから、
MCTオイルを使うようになりました。
IMG_2218 (1)

ヨガで筋肉を使うときや、
仕事など出歩く時など、
少しの雑穀ごはんや、
少しの麹のノンシュガーの甘酒など
良質な糖質を摂取し、
(その前にはもちろん、タンパク質と食物繊維は確保)
糖新生による筋肉からのアミノ酸ロスを抑えつつ、
体脂肪を基本エネルギーとして使うために、
MCTオイルを使っています。

多く摂りすぎると、
胃痛や下痢など胃腸の不調を感じる方もいらっしゃいますので、
油脂の吸収が良くないなと感じている方は、
量を調整しながら使う方が無難です。

わたしも脂質の吸収が良くない方で、
ビタミンE 、ビタミンA、EPAのサプリメントは
ミセル化したものを使っています。

次に、豆乳グルト。
IMG_2227.jpg
もともと乳製品は、あまり好きじゃないので食べないのですが、
ヨーグルトのような形態の食べ物って、
さらりと、負担なく食べやすく、
いろんなものを混ぜやすいでの便利です。
でも、
乳製品は、家族全員、
カゼインフリーを目的に、基本、食べてこなかったのですが、
豆乳グルトをみつけてから、常食しています。

豆乳グルトには、きなこやすり黒ごまの他に、
抹茶やシナモンを加えることも多いです。
IMG_2225.jpg

粉茶のカテキンは
抗酸化、抗がん、抗炎症、抗アレルギー、
血圧上昇抑制、血糖上昇抑制、抗菌、抗ウィルス、
腸内フローラ改善、解毒、消臭などなど、
さまざまな効能が報告されています。

シナモンは、
インスリンの効きを良くしてくれる成分が含まれていると言われています。

朝、活動前であれば、
豆乳グルトに、りんごを1/4個ほど刻んで入れて、
シナモンをかけて、
はちみつや、メープルシロップ、麹の甘酒など
自然な甘味料を少々かけ、
自然なものでも、甘味料はさけたいという方は
「ラカントS」のシロップで甘みをつければ、
アップルパイっぽい味わいですよ。

昨日、朝日新聞社の記者の方と、
赤坂の某スーパーを一緒に買い物しながら、
どんな食材を選ぶのがオススメか、
という
インタビューを受けたのですが、
(こちら、記事掲載日は、改めてご案内します)
要は、
糖質がNGというより、
加工されすぎた糖質がNGなんだと感じています。

ブドウ糖果糖溶液たっぷりの清涼飲料水
人工甘味料
トランス脂肪酸
塩化ナトリウム(食塩)
酸化油脂たっぷりの
クッキーや揚げ煎餅などの菓子類、
パン、
レトルトルーなどの加工調味料などなど。

できるだけ加工されていない
自然の恵みをそのままいただける食材を、
糖質の有無という視点だけでなく、
選ぶことが大事です。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)