管理栄養士のローカーボ・キッチン

大豆もやしの混ぜご飯

IMG_2251.jpg
仕事で新潟県、魚沼市へ来ています。
豪雪です。

新潟、ごはんが(日本酒も)美味しすぎます!
IMG_2235.jpg
わたしは、甘いものはほとんど食べませんが、
ごはんが大好きなので、
こんなおいしい米どころで暮らしていたら、
主食抜きは、よけい、つらそう、、。

ごはんを楽しむかわり、
カレールーやシチュールーやレトルト惣菜や
カップ麺や冷凍パスタや、
スナック菓子やクッキーなどなど、
小麦粉と植物油脂が一緒になった加工品からの糖質摂取を控え、
とった糖質を速やかに筋肉に使ってもらい、
インスリンの無駄遣いをさけ、
肥満や糖尿病にならないように、
運動をすることが大事です。

中年以降は、とくに、筋肉を落とさないよう、
筋肉をつけるような運動も必要でしょうか。

そこで、本日、朝日新聞、朝刊、生活面に掲載されています。
「大豆もやしの混ぜご飯」
IMG_2253.jpg

先日、赤坂のスーパーで受けた取材の内容がとともに掲載されています。
糖質の摂り方をお話しさせていただきました。

「大豆もやしの混ぜご飯」
は我が家でもよく作るメニューでおすすめです。
大豆もやし1パックをゆでて水気を切って、ザク切りにし、
雑穀ごはんや玄米ごはんなどお好みのごはんを150g〜200g
ゆかり(しそのふりかけ)、小さじ1程度
塩昆布、大さじ1程度と混ぜるだけ。

お茶碗によそうと大盛りで2〜3杯になります。

大豆もやしが入ることで、
シャキシャキ食感に加え、
タンパク質や食物繊維、葉酸などの栄養が加わり、
ごはん茶碗1膳にしめる米粒の量は、
おいしく減らせます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)