管理栄養士のローカーボ・キッチン

腸内環境と発酵食品

昨夜、
侍ジャパンのレプリカユニホームを着て、
テレビの前で応援していたのですが、
WBC壮行試合、台湾戦で、
侍ジャパン、まさかの連敗、、。
菊池選手も筒香選手も追い上げたのですが、、残念でした。
応援続けます!

さてさて、本題です。

どんなに良い食べ物から、
あるいは良いサプリメントから
栄養を摂取しても、
栄養は消化吸収してはじめて体内に入ります。

ですから、
消化吸収能力は、
良い栄養を知り、口にすることと同じように
とても大事です。

お肉を食べたり、
プロテインを飲むとお腹が張る、
といった不定愁訴をはじめ、
超漏れ症候群(リーキーガッド症候群)や
潰瘍性大腸炎、カンジダなど炎症性の腸疾患、
アレルギー、
慢性の下痢、便秘など、
クリニックでも、
腸の不調が目立ちます。


腸内環境によくないものとして、
小麦グルテンと乳カゼインは、
腸粘膜細胞を薄くあらくして、
超漏れ症候群の原因として知られるところです。

学校給食を思い起こしてみると
食パン
(多くは輸入小麦だとしたらポストハーベスト=農薬の問題も)

牛乳もれなく1本

マーガリン
(トランス脂肪酸は、ヨーロッパはもちろん、
アメリカでさえ全州使用を禁止している
工業的に作り出された油脂)
をぬって食べる、、という、
なんとも、おそろしい食事内容です。

食パン、牛乳(前身は脱脂粉乳)、マーガリンという
学校給食は、
アレルギー増加の観点からも、
見直さなければならないと考えます。

お肉を食べるなど、
タンパク質を食べるとお腹が張る場合、
タンパク質を消化する消化酵素の不足が考えられます。

酵素は、タンパク質を材料に、
自ら体内でつくりますが、
極端なダイエットや
菜食をしていると、
タンパク質不足によって、
タンパク質を消化する酵素が作れない、
ということにもなりかねません。

タンパク質不足が続いて、
タンパク質が必要な人ほど、
タンパク質を消化する酵素が作れず、
タンパク質がますます不足する、、、
というジレンマに陥ることに。

菜食で摂取する
野菜や海藻などは、
食物繊維や
植物の色素や苦味成分、
ポリフェノールやカロテノイドが摂取できるので、
とても良いのですが、
そこに、
良く育てられたお肉や卵、大豆製品や、
季節の魚介も組み合わせておきたいものです。

食物繊維は、
腸内環境を整える上で
とても大事ですから、
肥満などでエネルギーをすでに体内にためている方はとくに、
タンパク質や脂質に比べて
効率的なエネルギーになる糖質は
主食を抜くなどして制限し、
その分、
野菜や海藻、きのこ、こんにゃく、おからなど
食物繊維を、
加工品ではなく、
サラダ、ゆでる、合えるなど
シンプルに、たっぷり、毎食、
いただきたいものです。

そして発酵食品は、
カゼインフリーの観点から考えるなら、
ヨーグルトなど乳製品の常食ではなく、
和の発酵食品を活用しない手はありません。
熟成みそ、醸造しょうゆ、醸造酢、本みりんなど。
大豆、塩、麹など
材料がシンプルな発酵食品です。

食材と時間だけで作られるため、
手間暇がかかりますが、
添加物はいっさい含まれない、
自然の恵み、栄養の宝庫と言えます。

そして麹の甘酒が流行っていますが、
麹も発酵食品ですね。

人工甘味料や保存料などの添加物や、
植物油脂、
小麦粉や小麦グルテンが使われた
お菓子を食べるくらいなら、
(仮に糖質オフであったとしても)
甘いものが欲しい時は、
麹のノンシュガーの甘酒を
コップ1杯、飲む方が、
どれだけナチュラルで
からだに良いかと考えます。

塩こうじも簡単に手作りできますよ。


こうじを購入すると、
パッケージに作り方や分量がだいたい書いてありますが、
蓋つきの清潔な容器に、
こうじを手でほぐしながら7分目ほど入れて、
そこに
ぬるま湯を、ひたひたになるまで入れて
藻塩を(麹100gに対し大さじ1強)入れて、
よく混ぜて、蓋をして、常温におきます。
1〜2時間し、
麹がぬるま湯をすって水気がないようだったら、
さらに水を足して、ひたひたになるまで調整します。

蓋をして常温で1週間ほど置いて味見をして、
塩味に丸みがでるというか、
市販の塩麹のような感じになったら完成と思って、
冷蔵庫に保存しています。

朝、カットした野菜にあえておくと、
夜、帰宅したときには野菜の麹漬けになっています。

お肉やお魚の漬け込みだれとしては
柔らかくして
臭みを消してくれて、
味付けしてくれるので、
便利です。

ぬか漬けも、
自分で作れると、安くて、
塩分も調整でき、
食品添加物も気にすることなく、
美味しいです。

冷蔵庫に入れられるサイズの
ホウロウ容器などもあるので、
手軽に、簡単に漬けられます。

ぬかは、無農薬のぬかを手に入れるのが安心です。

年月をかけずに、
美味しいぬか床にするコツは、
好きな味わいのぬか漬けを
(ぬかをまぶしているだけの、
安価な、なんちゃってぬか漬けではなく、
八百屋さんの店先で代々、漬けている、
とか、
老舗のお漬物屋さんのぬけ漬けなど)
を購入したら、
それを食べないで、
ぬかごと、
作りたてのぬか漬けに仕込みます。
すると、
作りたてのぬか床が、
すぐに、深み、旨味のある本格的なぬか床に早変わり。
あとは、自身で少しずつ、味を整えていくのも楽しいです。

食物繊維と発酵食品でおいしく
腸内環境を整えるととも
小麦製品や乳製品、
人工甘味料などの食品添加物、
ブドウ糖加藤溶液や砂糖、
精製穀物の単体摂取、
酸化油脂の常食など
腸内環境に良くない食べ物、食べ方にも気をつけましょう。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)