管理栄養士のローカーボ・キッチン

アンチエイジングと栄養

WBCとっくに終わってしまいましたーー。
侍ジャパン、残念でしたが、
準決勝まで健闘し、
数々の素晴らしいプレーやチームワークに
感動しました、、。

今月末から各チーム、開幕戦がはじまり、
4月になれば
2017年度のプロ野球開幕となります。
今年は何度神宮球場へ足を運べるか楽しみです。

さて、昨日は名古屋へ。
歯科、医科の先生方とスタッフの皆様に向けて、
アンチエイジングと栄養について、
お話をさせていただきました。

アンチエイジングとは
老化防止を意味する言葉として、
日本では抗加齢とも言われますが、
一度きりで、不可逆的な人生の中で、
生きている間、
仮に病気の診断名があろうとなかろうと、
自身が元気で、若々しくいられることは、
大切なことであると感じています。

投薬に頼りすぎず、
私たちが自分自身で手軽にできる健康管理が、
食事と運動ではないでしょうか。

食事は、基本、自分でしかできません。
誰かに変わって食べてもらうことはできないわけです。
加齢とともに、それまでと同じ食事をしていて、
血液検査の数値や体脂肪に、良くない変化がではじめたら、
筋肉を落とさない運動も、
始めどきかもしれません。

老化防止のためには、
酸化(さび)と糖化(こげ)をいかに防ぐか、と、
発生したものを除去していくか、が重要であると考えます。

酸化は、ストレスや呼吸によって、
日々、体内で発生します。
そのため、抗酸化栄養が注目されます。
抗酸化栄養は
ビタミンACEです。

ビタミンAは動物性食品にしか含まれません。
ビタミンAは、植物に含まれるβ-カロテンを摂取することで、
体内でビタミンAに変えることもできます。

良質な動物性食品を選ぶこと、
そこに、季節の色とりどりの野菜を添えることは、
アンチエイジングの食卓にもおすすめです。

ビタミンEは、ローストしただけの
アーモンドやくるみをおやつに、
野菜のごま和えや、
食品では、魚にも多く含まれます。
良質なオリーブオイルを選んで、
調理油に使うのもおすすめです。
良質なオリーブオイル自体も
抗酸化作用を持ちます。

ビタミンCは、柑橘系の果物や果物の皮、
ピーマン、ブロッコリーなど一部、野菜にも含まれますが、
電磁波、寒暖差など
物理的ストレスも多い現代人にとっては
サプリメントがあると手軽です。
アスコルビン酸は医療機関で保険でも処方されるものです。

そして糖化を防ぐためには、
毎食、血糖を上げるような糖質の摂り方を見直す必要があります。
精製された糖質の単体摂取はとくに
人体の代謝からみても、不自然です。

ブドウ糖果糖溶液たっぷりの清涼飲料水など飲料。
パンやおにぎり、そば、カップ麺だけといった
精製穀物の単体摂取など。

それに加え、糖質をエネルギーとして使えないような
生活や食事内容にも気をつけたいところです。
運動不足による筋肉の減少。
そして、
インスリンの構成成分や作用に不可欠な、
亜鉛やマグネシウム、カリウムなどのミネラル不足です。

ミネラルは、
魚介、大豆製品、海藻に多く含まれます。

ミネラルは、
高血糖の状態や、
精製塩、うまみ調味料などで失われます。

出来合いの惣菜や外食など、
加工食品の過食を見直すことが何より重要です。

その上で、
魚介、大豆製品、卵、そして
緑黄色野菜や黒大豆、緑茶、唐辛子、
糖質をとるなら、
ブルーベリー、そばなど
動植物がもつ色素成分を色とりどりに組み合わせた
シンプルな毎日の食卓をいかに実現していくか。

忙しいとはいえ、
毎日の食事は、
自分のからだをつくる、
大切なことです。

便利だから、安いからと、
食を企業に任せきりにしてしまうのは、
とくに、その質について、
添加物、トランス脂肪酸、酸化油脂など、
気になるところです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)