管理栄養士のローカーボ・キッチン

金沢講演会のご報告

先週は、
金沢と東京を行ったり来たり
過ごしておりました。

12日は金沢市にある
医王ヶ丘クリニックへ。
医療スタッフの方々に、
血糖コントロールのための糖質制限の仕方、
エネルギー源としての糖質の選び方と摂り方に加え、
タンパク質や脂質、食物繊維の摂り方について、
患者さんに食事指導を行う際の
ポイントをお話しさせていただきました。

15日は、栄養療法における医師が行う
血液検査データの解釈をふまえ、
生化学データと照らし合わせながら、
食事記録をどう深読みし、
栄養と食事の指導を行うのかを、
医師、医療スタッフ、そして認定ONPの方々へ、
お話しさせていただきました。

医師は、たくさんの患者さんの診察でお忙しいことが多く、
管理栄養士をはじめ、
コメディカルによる
食事記録や食生活の的確な読み取りは、
患者さんへの丁寧な治療や食事と栄養指導のアセスメントとして
重要であると考えます。

患者さんが、
実際に何をどのくらい食べているのか、
どのような環境で食べているのか、
(車中でしか食べられないのか、
ランチは1人で行けるのか、誰かと一緒なのかなど)
買い物ができるのか、
できるとしたら
スーパーにいけるのか、
深夜のコンビニなのか、
料理や買い物は誰がするのか、
そして、
嗜好など、
食事記録用紙には書かれていない
患者さんの治療にとって大切な情報があるならば、
そこを読み取る技量も重要です。

そして16日は、
本多の森ホールにて、
一般社団法人オーソモレキュラー.jp主催
「女性の未来は食事で変わる」と題して、
新宿溝口クリニック院長
溝口徹先生より
脳の栄養について、お話しをいただきました。
腸内環境がもたらす甘味への欲求や、
鉄不足がもたらす多くの不定愁訴は、
女性に限らず家族みんなが知っておきたい栄養のメカニズムです。

講演会の共催、演者には、
栄養療法を実践する石川県の
エキスパートドクターがご登壇されました。

いこまともみレディースクリニック
院長 生駒 友美先生

医王ヶ丘病院
精神科医 魚谷 千草先生

小林クリニック
院長 小林 薫先生

新クリニック
院長 新 浩一先生

とりい皮膚科クリニック
院長 鳥居 靖史先生

投薬だけに頼らない、
根本治療を目指し、
栄養を使う治療法=栄養療法(オーソモレキュラー)の
第一人者の先生方です。

 大柳は
血糖コントロールのための、
安心、安全な食事の摂り方のはなしをさせていただきました。

アレルギーや消化不良を招かない
タンパク質の摂り方、

酸化や炎症をおこなさない
脂質の選び方、

ミネラル、ビタミンの重要性、

そして、
腸内環境を健康に保つために気をつけておきたいポイントなど、

ライフステージや、ときには病気によって
必要な栄養素や必要でない栄養素は常に変化することもふまえ、
お話しさせていただきました。

いずれ書籍にて、ご案内させていただく予定です。


美しい金沢の町に桜の花びらが舞う
春爛漫の日曜日にもかかわらず、
800名を超えるみなさんにお越しただきました。

お越しいただきました皆々様、
そして
講演会の開催をサポートしてくださった皆様にも
心より御礼申し上げます。

今後もさらに、
食卓における科学と文化の融合を目指し、
安心安全な栄養と食の情報発信に、
努めて参ります。

さまざまな不定愁訴と栄養素に関して、
執筆させていただきました
こちらの著書もお役立て頂けましたら幸いです。

『食べ方だけで不調をなくす
 〜身体と心を元気にする8つの食事法〜』(宝島社)
https://www.amazon.co.jp/食べ方だけで不調をなくす-TJMOOK-大柳-珠美/dp/4800251966
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)