管理栄養士のローカーボ・キッチン

ぬか漬けと乳酸菌と腸内環境

ご無沙汰しております。
今月締め切りの仕事が重なっております。
早く成果をご紹介したいのですが、
今しばらくの辛抱です。

ご無沙汰している間、
出かける仕事以外は自宅に引きこもり、
パソコンに向かう日々ですが、
この数日の暑さで、
季節が一気に夏になったのかのようですが、
まだ5月です。
暑さは一段落するようですが、
神宮球場へ野球観戦に行く場合の日焼け対策が
本気で必要な季節がついに到来です。

さて、今春から仕込みました我が家のぬか漬けが、
とても美味しく発酵しております。

よく、朝ごはんは何を食べますか?と聞かれることがありますが、
今の季節は、

きゅうりのぬか漬けを味見がてら1/2本程度。
こんぶのぬか漬けを数切れ。
ゆで卵1〜2個に、青のりとオリーブ油をかけながら。
が基本です。

ここに、
納豆が入るときも。

納豆は、6パッほどを、ガラスの容器にあけ、そこに、
米こうじ、
こんぶ(生)の粗みじん切り、
にんじんの粗みじん切り、
たくあんの粗みじん切り、
を少々、加え、混ぜて、1日ほど常温において、
味を馴染ませたものを食べています。
米こうじ
うまみが増して、おすすめです。
乳酸菌、納豆菌、酵母菌と、朝から菌活ですね。

さて、
乳酸菌が腸内環境に良いことは知られていますが、
乳製品から、毎日、摂取することは、
乳製品の乳の作られ方(ホルモン剤、抗生物質など)の心配や、
アレルギーのリスクを高める乳カゼインも、
毎日、摂取することになるので、避けています。

それに、そもそも、乳酸菌の基礎知識では、
乳酸菌のほとんどは腸に届かず死んでしまいます。

そこで、おすすめが、ぬか漬けです。
ぬか漬けやすぐきなどのお漬け物にふくまれる(生成される)
植物性の乳酸菌は、
生きたまま腸まで到達することが知られています。

ちなみに、原材料をみて、
調味液などたくさんの原材料が並んでいるようなぬか漬けは、
表面にぬかがまぶしてあるような、
なんちゃってぬか漬けの可能性大だと考えます。
ちゃんとした!?ここが難しいですが、
ぬか漬け、たくあん漬け、すぐきなど、
発酵漬け物を購入する必要があります。

たくあん漬けやすぐきを自宅で作るには、
面倒ですが、
ぬか漬けは、簡単です。

用意するものは
ぬか(無農薬がおすすめ)
天然の塩(ミネラルが豊富、食卓塩など塩化ナトリウムはNG)

以上です。

これを混ぜて、
野菜室や冷蔵庫に入るホーロー容器に入れ、
ポイントは、
昆布を乾燥のまま、漬け込むこと。
これで一気にうまみのあるぬか床に仕上がります。
そして、このぬか漬けにした昆布も美味しいです。

いったん、ぬか床さえ作ってしまえば、
あとは、毎日、かき混ぜるだけですよ。
そんなに手間ではないと思います。

我が家では、基本、きゅうりと昆布しかつけません。
たまになす、みょうが、セロリをつけます。
大根やかぶはぬか床の味が変わってしまうので、つけません。

つける塩も、
天然のミネラルたっぷりのお塩を選べ、
添加物はゼロで、
乳酸菌が摂取でき、
野菜の栄養も摂取できるぬか漬けの手作りは、
手作りしたい家庭料理の優先順位でいうと、
わたしは一番ではないかと考えています。

ちなみにその次がみそ汁だと考えています。
みそ汁には、
野菜だけでなく、海藻、きのこ、こんにゃくなど
食物繊維の多い食品はなんでも合いますし、
豆腐も合います。
卵も落とせます。
豚肉を入れれば豚汁です。
そしてみそは発酵食品です。

ぬか漬けがあり、
具沢山のみそ汁があれば、
そこに
納豆をプラスし、
あとは
焼き魚か魚の缶詰、刺身、しらす、煮干しなど魚介系
豆腐、高野豆腐などの大豆製品、
ゆで卵、
そして肉料理が加われば、
1日を通して、
とくに面倒な調理はいりませんし、
出来合いの惣菜に頼るより、安心、安全で、
なにより素材の味をシンプルに美味しくいただけます。

ぜひ、
無農薬のぬかで、
ぬか漬けを試されてみてはいかがでしょう。

腸内環境を整えることは
健康の要です。

糖質制限で血糖コントロールはかなっても、
肉食中心の食事で食物繊維が少ない、
あるいは、
外食、中食など加工食品の多用で
酸化油脂、トランス脂肪酸、グルテン、人工甘味料、
食品添加物までひとより多く摂りすぎて、
腸内環境をはじめ、
健康を害さないよう、
手間のない自炊も心がけ、
とくに、
栄養の消化吸収の要である腸内環境を整えることも、
健康を食でかなえる上では、
重要な要素であると考えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/05/24 (Wed) 20:07 [編集]


Re: タイトルなし

小枝さま
コメント感謝。ありがとうございます。本日、記事する予定です。

tamami oyanagi | URL | 2017/05/25 (Thu) 05:35 [編集]


Re: タイトルなし

小枝様
先ほど記事にしました。
この度はコメント感謝。
小枝さんからのコメントがなければ
忘れてしまうところでした、、。
ありがとうございました。
記事、
お答えになっているかわかりませんが、
参考にして頂けましたら幸いです。

tamami oyanagi | URL | 2017/05/25 (Thu) 07:51 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/05/25 (Thu) 18:30 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)