管理栄養士のローカーボ・キッチン

血糖値の誤差

IMG_2544.jpg
先週末、お仕事で高知におりました。

チャンバラ貝、のれそれ、かつおの塩たたきなどをつまみに、
高知といえば、日本酒!ということで
写真は「船中八策」超辛口です。1人酒です。
IMG_2543.jpg

そのほか、
司牡丹、酔鯨なども飲みましたが、
血糖値、急上昇はありません。

食前120mg/dLが
食中〜食後に140mg/dL〜150mg/dLなど、
20〜30mg/dL上がる程度です。

それにしても、以前、
血液から血糖値を測る自己測定器で計測していた頃より、
血糖値が高めにでるので、
血液から血糖値を測る自己測定器で計測してみると、、、

昨夜、晩酌中
IMG_2546.jpg

64mg/dlは間違いかなと思いますが、
(ただ、以前から、とくに、お酒を飲んでいると、血糖値低めにでてしまっております)

食べたものは
ハイボール1杯をつくって飲んだ後、
高知で買って帰った
土佐焼酎十年古酒 海援隊をロックで2杯

高知「司」の練り物1枚
ふのりを戻してポン酢で和えたもの
に、
レッドキャベツの梅酢もみ
ゴーヤの塩昆布もみ
かつおのたたき(これは東京で購入)
です。

今朝、測ってみると
起床4時から、
家事などをして
6時20分
リブレで123mg/dL
血液からの血糖値で98mg/dL

どうもわたしの場合は20〜30mgの差があるようです。

ちなみに、昨夜は、
飲んだ後の〆に、
発芽玄米に糸こんにゃくのみじん切りと黒米を炊き込んだごはんを
軽く1膳、100gくらいでしょうか、
炊きたての温かい状態ではなく、
常温に冷めた状態で、
納豆ごはんでいただいてみましたが
IMG_2552.jpg
と上がりません、、。

ん〜血糖値、わたしの場合、
単純にgどおりには上がらないようです。
単純にgどおりにあがるのは、
どうも
ごはんだけ
とか
麺だけ
とか
糖質だけをメインに食べたときではないかと考察。

そして
リブレと実際の血糖値の値には
20〜30mg/dLの誤差があることもわかってきました。

血糖値も、おそらく、ひとそれぞれ、だと感じています。
ごはんで上がるひと、
パンで上がりやすいひとなど、
何で上がりやすいかもわかるかもしれません。

自身の血糖値と食事の関係の傾向がつかめれば、
自身にあった対策が可能になります。

そういう意味では、
リブレは糖尿病の方は、
インスリンの量を的確に判断しやすいですし、
糖尿病とは診断されていなくても、
予備軍であることがわかるかもしれませんし、
何でどのくらい上がるのか、
どういう食べ方だと上がりにくいのかなど、
未病にも役立てられそうです。

そして、
血糖の変動をリアルタイムにみていると、
血糖値の動きには糖質量が大きく関与するけれど、
単に糖質量だけでシンプルに動くものではないことがわかります。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/07/01 (Sat) 14:37 [編集]


Re: 最近始めました。

のりさま
コメント有難うございます。
「糖質制限その食べ方ではヤセません」にも書いたのですが、
痩せ型の方は、主食を抜くなどの糖質制限をすると、
エネルギー不足になるケースが多くみられます。
結果、だるい、とか力が入らないなどです。
主食から得ていたエネルギーと血糖は、
本来なら、
蓄えていた体脂肪や食事から得られる脂質からのエネルギーと、
筋肉と肝臓(とビタミンB群)を使いながら
自ら血糖を維持するための糖を作り出す糖新生によって、
安定した血糖も賄えるのですが、
痩せ型の方の場合、筋肉量が少ないと、
この糖新生がうまく行われる、低血糖になってだるくなったり、
また、食事からの脂質や蛋白質の消化吸収も、
痩せ型の方の場合、消化酵素の分泌やはたらきが低下している傾向もあって、
糖質摂取によるエネルギー摂取と血糖維持になれていることもあるのだと思いますが、
不調になりやすいケースを多く目にしてきました。

痩せ型であるなら、
糖質制限が健康目的であるなら、
糖質制限
というよりは
血糖コントロールととらえ、
蛋白質(魚介、卵、大豆製品、そして肉)に、
季節の野菜や海藻、きのこ、こんにゃくなどの食物繊維を添え、
最後に、
グルテンフリーの良質な糖質でエネルギーを添える
というのも良い選択だと思います。

tamami oyanagi | URL | 2017/07/03 (Mon) 06:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)