管理栄養士のローカーボ・キッチン

『「糖質制限」その食べ方ではヤセません 』

糖質制限その食べ方ではヤセません

今週は、名古屋、そして今は、山口県下関におります。
医療従事者向けのセミナーで、
血糖コントロールを叶えるための食事指導のすすめ方について
おはなしさせて頂きました。

セミナーや講座はこちらから。
一般向けの講座もはじまるようです。
http://www.orthomolecular.jp/professional/


糖質制限理論を知り11年、
自身で実践し、
2型糖尿病の家族が実践し、
落ちた残念な落とし穴、、
そこからいかに這い上がったか、、

そして、
勤務するクリニックでは糖質制限理論を用いた
栄養指導の現場で、
さまざまな実践の結果を、
患者さんから教えていただきました。

食で健康を叶えるためには
血糖コントロールは欠かせません。
そのためには、
カロリーではなく糖質の制限が必要です。
しかし、
血糖を上げるほど1食あたりに糖質を多く含む主食を控えた結果、
毎食、毎日、なにを食べるかは、血糖コントロールと同じくらい、
食で健康を叶える上で、重要です。

セミナーや講演会でもお話させていただいておりますが、
糖質量をどう考えるのかは、
病態、目的、肥満の有無、筋肉量、
脂質やタンパク質の消化吸収能力、
そしてクライアントの嗜好をみながら、
こまかく調整していく必要があります。

タンパク質を食べるといっても、
なぜ肉だけでなく魚が大事なのか。
大豆製品にはどのような栄養の特徴があるのか。
食物繊維や腸内環境をいかに整えるのか。
外食や中食が多い方は、
抗酸化対策も必要です。
長い間、高血糖が続いていた方は、
ミネラル摂取も心がけておいたほうが無難です。

このように、
総合栄養学的な視点で、
血糖コントロールを実現するために、
なにをどう食べるのかについて書かせていただいたのが、
『「糖質制限」その食べ方ではヤセません 』
(青春新書インテリジェンス)
です。

健康を叶える糖質制限の理論が
間違った実践によって
健康を害することにならないよう
本書をお役立て頂けましたら光栄です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

納得

本書にあるように糖質制限は必要条件で十分条件ではないという点に納得。糖質制限さえすれば何を食べても良いという落とし穴にはまるのは経験上実感。

なたじろう | URL | 2017/07/19 (Wed) 08:35 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)