管理栄養士のローカーボ・キッチン

講座のご案内

昨日、夜、神宮球場へ野球観戦に。
日大野球部の栄養サポートを担当させていただいておりますが、
昨夜は、

東京ヤクルトスワローズ
山崎 晃大朗選手。

そして

中日ドラゴンズ
京田陽太選手。

2人の選手(卒業生)を応援することができました。


夏の神宮球場、
恒例の花火も終わり、それでも、
0点vs10点。
もう、勝負がついたかと誰もが思っていたそのとき!
なんと、奇跡の大逆転劇が!!!
いや〜、、感動が、いまださめません、、。

このままだと、
ブログのタイトルが、
「管理栄養士の神宮球場便り」
に変わりそうなので本題といいますか、
本日は、講座のご案内です。

先日、土日、
大阪にて、
薬剤師さんを対象に、
食事と栄養指導について、お話ししてきました。

今週末は薬剤師さん向けのセミナー、
福岡で開催です。

薬剤師さん向けのセミナーはこちらからです。
https://magazine.pha-net.jp/event/info/nutrition/


そのまま週明けには、
富山県の県立高校で、
成績とストレスについての栄養学と題し、
成績アップに役立つ栄養素と
その食べ方について、
おはなししてきます。

そして
栄養療法の基礎と実践を学べる、
有資格医療従事者対象の
オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル講座、
ONP講座から、
この秋、新しく2つの講座が開設されます。

医療従事者として医療機関での栄養指導ではなく、
もっと身近な
ご本人やご家族や友人の健康維持、向上を、
これまでになかった、
まったく新しい栄養の観点からお手伝いできる
理論と実践が学べる講座です。
http://www.orthomolecular.jp/professional/


わたしたちは、
こころも、からだも、食べたもの=栄養素でできています。

生命維持に必須な栄養素という
必須栄養素は生涯を通して、変わりませんが、
ライフステージや年齢、運動の有無、ときには病気によってなど、
その時々でプライオリティーをつけるべき
必要な栄養素は違ってきますし、
必要量も個人差があります。

タンパク質がいいといっても、
その消化吸収能力をみておかないと身になりにくく、
脂質がいいといっても、
とくに液体から油を摂取する場合はとくに、
抗酸化対策も重要です。
少食か大食漢かでは、
食物繊維や水分の摂り方、
食事回数の考え方も違ってきます。
長年、高血糖を患ってきた糖尿病など
血糖調整障害が続いていた方にとっては、
失われたミネラル対策が欠かせません。
また、からだをつくりたい時期のアスリートには、
太るという要素が必要な場合があります。

とくに食と栄養に関する情報は、
ひとつの断片的な情報だけが、
マスコミ(広告)によってクローズアップされがちです。

まずは正しい栄養の科学を総合的に知り、
柔軟に、その都度、
自分でバランスをとっていくことが大切です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)