管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質制限その食べ方ではヤセません

第99回全国高校野球選手権大会が
本日から甲子園球場で始まります!

先週、
富山県立新湊高校で
成績やストレスも栄養次第!?
と題して、
食事と栄養の摂り方について、
お話をさせていただきました。

新湊高校といえば、
新湊旋風を思い出します。

今年も
筋書きのないドラマが見られますかね〜〜。

さて、本日は、わたくしの友人の記事を紹介します。
「糖質制限その食べ方ではヤセません」を紹介してくれました。
https://run-way.jp/walkers/gourmet/toushitsuseigen/

この本にも書きましたが、
狩猟採集時代という人類の進化の尺度からみた
糖質と血糖値のことだけでなく、
現代社会で何をどう食べるかを科学的に考察することも同じくらい大事で、
その上では、
縄文時代、など、
少し現代に近づいた視点、
民族という体質からの視点も、
役立つと考えています。

『欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」』
(講談社)奥田昌子著
栄養科学を総合的にデザイン、実践する上で、
とても勉強になります。

本の中には、
糖質制限に関する記述もありますが、
わたしは、
誰が、なんの目的で糖質制限を行うかという視点で、
糖質制限の是非は論じられるものだと考えています。

糖尿病や反応型の機能性低血糖症になってしまったら、
肥満になってしまったら、
糖質制限による血糖コントロールしか
食で健康を叶えられないということになりますし、
予防医学の観点からみれば、
質の悪いジャンクな糖質の摂取を控えることを
優先課題としたほうがよいと思われます。

そして、
糖質制限の結果、
なにを食べるかによって、
その食べ物や、食べ方が、健康科学上、悪いとしても、
それを理由に、
糖質制限の理論を否定するのは、
論がずれるのではないかという気もしています。

しかし、
糖質制限の結果、
なにをどう食べるかは、
血糖コントロールとは別のレベルのはなしになりますが、
とても重要です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)