管理栄養士のローカーボ・キッチン

子どもの主食抜きについて

ご無沙汰しております、、。

夏、
仕事の合間ができると、
昼は高校野球、
夜は神宮球場、
と、
合間が野球で埋まってしまう分、
ヨガにも行けていません、、

昨日は、神宮球場で、
今シーズン最後となる恒例の5回裏に打ち上がる
花火をみることができました。
そして劇的な逆転勝ち。でした。

さて、
糖質の摂りすぎによって、
肥満や糖尿病など
生活習慣病のリスクが高まることは、
広く知られる栄養科学の常識になりつつ、
いや、もはや、なった、ようにも思います。

糖質の摂りすぎというとき、
とくに問題になる糖質は、
カップ麺、菓子パン、食パン、
そばやそうめんやうどんなど、
精製加工されすぎた糖質であると考えています。

そして、
精製加工されすぎた糖質の単体摂取や運動不足の結果、
タンパク質、ビタミン、ミネラル不足によって、
糖質のダブつき(糖質をエネルギーにできない結果)が生じ、
食後高血糖が続き、
生活習慣病へと繋がっていきます。

糖質が良くない!
というイメージが先行したり、

狩猟採集時代が長い人類には、
農耕=糖質摂取が適していない!
というヒトの進化の過程の栄養摂取の
一側面的事実がクローズアップされたりすると、

なら、
子どもにも糖質制限が必要ですか、
というご質問をよく受けます。

結論から言うと、
肥満がない
(蓄えているエネルギーが少ない)
成長期の
(タンパク質やオメガ3など心身の材料となる栄養素が必要な)
子どもであれば、
まずは
タンパク質やオメガ3(EPA、DHA=魚)、
ビタミン、ミネラル、そして食物繊維がある
おかずをしっかり確保した後に、
糖質を、
手っ取り早いエネルギーとして、
もはや、狩猟採集時代ではないのだから、
その恩恵を、
上手にプラスしていくのが
スマートではないかと考えています。

なくてもいいもの、
という、
ギリギリの栄養摂取の考え方もありますが、
あるならあったほうがいいもの、
という、
よりよい状態を目指す栄養摂取の考え方もあります。
オーソモレキュラー療法(栄養療法)も同じ考え方です。

オーソモレキュラー療法(栄養療法)は、
栄養の過不足を血液検査から医師が読み取り、
栄養の過不足を栄養素(食事とメディカルサプリメント)で補い、
投薬に頼りすぎないち治療を行うだけでなく、
未病のために、
あるいは
アスリートなど
よりよいパフォーマンスのために、
ギリギリの栄養摂取や栄養状態ではなく、
よりよい栄養状態を目指し、維持するものです。

そういう観点からみても、
糖質は
なくても
ケトン体がエネルギーになるからいいと、
エネルギーの話だけに目を向ければ、
教科書的には言えても、
成長期の子どもや、
運動量の多い
からだを作りたいアスリート、
やせのある運動好きの方など、
エネルギーが必要な方によっては、
あると便利なエネルギー源です。

ただし、
よい糖質であること。
加工されていないごはん、雑穀(ひえ、あわ、そばなど)
イモ類、かぼちゃなどの根菜、季節の果物、
麹のノンシュガーの甘酒などでしょうか。

そして、その糖質をエネルギーにできるよう、
インスリンの効きを良くするために、
ミネラルやビタミンと一緒に摂取することが大事です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)