管理栄養士のローカーボ・キッチン

胃酸は大事

喉のあたりのすっぱい何かが上がってるくる感じの呑酸や、
むね焼け、
逆流性食道炎などの症状に悩まされている方のご相談を、
クリニックでの栄養指導の際にお聞きする機会があります。

通常、医者にかかると、
胃カメラなどの検査の後、
胃酸の分泌を抑制する薬が出されます。

医者にかからない方の場合、
自身の判断で、
胃酸の分泌を抑制する薬を薬局で購入し、
服用する方もおられます。

しかし、多くの薬は、
その症状を治すものではなく、
その症状による不快感をとりあえず抑えるものが
ほとんどです。

そして、胃の不調を訴える方の多くの方は、
胃酸過多ではなく、
胃酸不足の傾向があります。

胃潰瘍があるなど、
あきらかに胃酸分泌抑制剤が必要と判断されるケースもあり、
その際は医師の診断と処方に従いますが、
長年、強力に胃酸分泌を抑えていると、
胃での殺菌力が低下し、
感染症に罹患するリスクが高くなったり、
胃酸分泌が減ると、
カルシウムの吸収が低下するため、
ミネラル不足にもつながります。

胃の不調を訴える方は、
まず、
ピロリ菌に感染して
慢性胃炎になっていないかのチェックをおすすめします。

慢性胃炎があると
胃の粘膜が萎縮していることが多く、
その結果、胃酸の分泌が減ります。

胃酸は大事です。

胃酸はタンパク質の消化に欠かせません。
胃酸が少なければ、
タンパク質の初期消化に時間がかかるので、
胃の中に長く食物がとどまり、
胃もたれを感じやすくなります。

胃酸の分泌は、加齢とともに、減少します。
ストレスも、胃酸の分泌を抑制します。

胃酸をつくるには、その材料は、タンパク質です。

消化の良いタンパク質の食べ方も大事ですね。

一般的には、
脂っこい料理にしないこと。
油たっぷりの炒め物や揚げ物は
避けておいてもいいかと思います。

わたしも、ここ数年は、
油炒めや揚げ物は、外食以外では、ほとんど口にしません。
肉は、塩麹や、みそ、しょうゆ、本みりんなどに漬け込んで、
魚焼きグリルで焼くだけ。
食べるときに、必要を感じれば、
EXバージンオリーブオイルやアマニ油をまわしかける程度です。

タンパク質を分解する消化酵を含む食べ物は、
大根おろしなど生の大根、
ムチンというヌルヌル成分が豊富な、山芋、おくら、なめこなど、
生のパイナップル、キウイ、パパイヤなどです。

糖質制限で主食を抜くなどができていたら、
山芋のすりおろしや、
食後に生の果物を活用しても、
そこに含まれる糖質量は、
食後高血糖を引き起こすほどではないかと考えます。

勤務するクリニックでは、
消化酵素をお勧めすることも多いです。

クリニックのスタッフは、
院長、医師、看護師、受付の方などふくめ、
全員、女性ですが、
全員、肉好きなので、
毎年、忘年会は、焼肉食べ放題など、
肉料理をがっつり食べられるお店に行きますが、
毎年、忘年会の前は、みな、
消化酵素のサプリメントを飲んで挑み!?ます。
さらに強者は、
グルタチオンの点滴をして、
飲み放題に挑む!??ものもおります。
(わたくしもその1人でありますが、、、)

しかし、
アルコールも、胃にはよくありませんけどね、、。

胃の粘膜を丈夫にする栄養素は、
やはり、タンパク質。
そのほか、ビタミンA、亜鉛、ビタミンB群です。

いずれも、魚介や赤身肉に豊富に含まれます。

豚や牛の薄切り肉はしゃぶしゃぶして、
たっぷりの大根おろしを添えて。

鶏のささみやむね肉は、
塩麹や、本みりん、みそなどに漬け込んで、
やわらかくしっとりさせて。

色とりどりの生野菜、
おくらななめこなどヌルヌル食材も添えて。

など、さっぱり、シンプルに食材を組み合わせ、
加齢とともに、
良い消化酵素のサプリメントを活用しておくと、
より快適で、より良い健康増進に役立つかと考えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先生、早速記事にしていただきありがとうございます。
胃酸不足なのに糖質制限をしていることで胃に負担がかかり一時的に胃酸過多になっていると考えたらいいのでしょうか?
消化酵素は食事内容に応じて飲んでいましたが、胃酸が出すぎている時にも飲んで大丈夫ですか?
不快な症状が出ている間は脂質を避け、タンパク質も消化の良い方法でやってみようと思います。

まりりん | URL | 2017/09/21 (Thu) 10:38 [編集]


Re: タイトルなし

まりりんさま
糖質制限食の一側面である、
食後高血糖を引き起こすほど毎食、糖質に偏った食べ方をしない、
ということ自体が、胃腸に負担をかけることはないと考えます。
糖質制限食のもう一つの側面である、
糖質制限の結果、
血糖とは関系のない部分、
つまり、何をどう食べるかによっては、
胃腸に負担がかかることもあるかもしれません。
例えば、酸化油脂や食品添加物たっぷりの肉の加工品ばかりを食べるなど。
それ以外に、食事とは別の部分で、
胃酸分泌は、加齢やストレスなどの影響も受けます。
その上で、
本当に胃酸が出すぎているかどうかは、
自身の感覚ではそうあっても、
実際には、
医療機関で検査をするなど医師の診断に基づく方が安心ではないでしょうか。
食事に関しては、
不快な症状がある場合は、
脂っこい市販の加工惣菜などはとくにさけておくのは良いかと思います。
お大事になさってください。

tamami oyanagi | URL | 2017/09/22 (Fri) 08:43 [編集]


先生、お返事ありがとうございます。
アドバイスを参考に食事内容に気をつけて
過ごしてみます。
確かに、ストレス、更年期のホルモンバランス、夏の疲れなどもあるかもしれないと思っています。
何度もありがとうございました。
これからもブログの記事を参考にさせていただきます。
よろしくお願い致します。

まりりん | URL | 2017/09/22 (Fri) 09:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)