FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

血糖の動き

昨日、
山梨県甲府駅から身延線で甲斐上野駅まで行き、
ノルディックウォーキングに参加してきました。

足元。こんな感じで自撮りしてみました。
IMG_2776.jpg

影を自撮り。
IMG_2775.jpg

青い空と白い雲、美しい緑と山々、そして甲府盆地。
IMG_2774.jpg


みたまの湯という温泉施設が主催しているイベントで、
http://www.mitamanoyu.jp/news_info/3508
IMG_2772.jpg

トレッキングとネイチャーガイドの
近藤 実さんにご指導いただきながら、
田んぼを見ながら、
キウイなぶどう畑を見ながら、
歌舞伎文化公園など地元の名所を通りながら、
8km、歩きました。

こちらのイベントは、
歩いたあと、
みたまの湯の温泉に入ることもできます。
http://www.mitamanoyu.jp

みたまの湯の露天風呂からは、
甲府盆地と、
南アルプス、八ヶ岳、秩父山系を一望できます

暴飲暴食ではなく、
からだを動かせることによって得られる
ストレス対策を、心がけたいですね、、、。

ストレスといえば、
前回のブログで、
糖質制限では低血糖にはならない旨を書きました。

インスリンを注射したり、
血糖を下げる薬を飲む以外で、
人は、どのようなときに低血糖になるかというと、
高血糖を起こした反動で低血糖になる方がいます。
血糖調整障害が起こっている場合です。

血糖を上げる栄養素は、基本、糖質です。
通常は、どんなに糖質を摂取しても、
血糖値は、
その方にとってある一定の高さまでしか上がらず、
インスリンの分泌や機能が保たれていれば、
ある一定の低さまでしか下がらない、
安定した血糖曲線を描きます。

しかし、
糖質を一気に吸収してしまうような脆弱な消化管粘膜や
糖質の過剰摂取や常食を繰返す結果、
血糖をエネルギーとして消費するための運び役とも言える
インスリンの分泌や機能が保たれなくなれば、
出るべきときに出るべき量がでなければ、
あるいは、効かなくなれば、
高血糖や低血糖を引き起こします。

このような血糖の動きは、
通常の健康診断などで行われる
空腹時血糖値の測定では見えません。

少なくとも糖尿病に関しては、
糖質を摂取した食後の血糖値を測定するほうが、
未病のうちに病気の芽をつむというと、
検診の意義や目的を果たせると考えます。

人は、
低血糖になると、
ホルモンや自律神経を介して血糖をあげようとします。
高血糖より低血糖の方が、生命の危機に直結するからです。

ストレスも、血糖の動きを引きおこします。
ストレスがかかると人体は、
ホルモンや自律神経を介してストレスに対処します。
その結果、血糖が上がります。

このようなストレス対策を身につけたのは、
狩猟採集時代が長いヒトにとってのストレスが、
興奮や闘争、逃避などであったためと思われます。
たとえば、
時々、おこる、一時的なストレス、
マンモスと集団で闘うとか、
熊と遭遇し、逃げるなど。

このようなとき、
の〜んびりしていたら命に関わりますから、
ストレスだ!と感じさせ、
ホルモンを分泌させ、
自律神経の交感神経を優位にさせ、
血糖を上げて、
興奮し、闘い、逃げる体制を整えていたと思われます。

しかし、現代社会のストレスは、
時々、おこる、一時的なストレスではなく、
たとえば、
金銭的な不安?
配慮にかける配偶者?
職場の人間関係?などなど、
常に、おこる慢性的なストレスの方が多いように思います。

ストレスの質は変われども、
ストレスに対する身につけた対処は変わらず、
ストレスによっても血糖に動きがでるとしたら、
現代人は、
できるだけ血糖を一定に保つことを、
意識した方が良さそうです。

まずは自らの意志でできるとしたら、
糖質の過剰摂取を避けること。

自律神経のバランスに良い食生活。
たとえば、規則正しい食生活や腸内環境を整えるなど。

そして、
ホルモンの生成や血糖調節に欠かせない
ミネラル、ビタミン、タンパク質の確保などが挙げられます。

血糖の動きは、人それぞれです。
玄米でも血糖が急上昇する方や、
小麦製品で急上昇する方など。

同じ人でも、
若いときと中年以降では、
変化が出ると思われます。

24時間の血糖値が2週間、
連続して測定できる血糖測定器リブレなどを活用し、
https://www.carenet.com/news/general/carenet/44582
自分が、
どんな食べ物で、どのくらいの運動で、
どれだけ血糖が上がるのか上がらないのか、
糖尿病の方に限らず、
測定しておくのもおすすめです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

週刊ポストの記事についてのご質問

中島と申します。
いつもブログを拝見し勉強させて頂いています。

週刊ポスト記事の中で、糖質制限をするとβ細胞の活動が減り機能低下を招くという論文の紹介がありましたが、こちらについてはどのようにお考えでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

中島千佳 | URL | 2017/10/10 (Tue) 12:53 [編集]


Re: 週刊ポストの記事についてのご質問

中島千佳さま
ご質問の件、以下の部分ですよね?

豪メルボルン大学のラモント教授が2016年に科学雑誌『nature』オンライン版に発表した論文によると、「低炭水化物食」(糖質制限食)を与えたマウスは、インスリンを生成する「β細胞」の機能が減少していた。
「糖質制限を始めるとインスリンの分泌が減り、生成元である『β細胞』の活動が低下する。使わないと衰える筋肉と同じように、ある程度の期間、糖質制限を継続すると、休み過ぎでβ細胞の機能低下を招きます。そうなると、糖質を摂取した際に、インスリンを分泌できなくなり、高血糖状態になってしまう」(高田氏)

そもそも、膵臓のβ細胞を休ませる目的で、インスリンを追加分泌させない手段として糖質制限があります。
休みすぎる!?というのも、どの程度の糖質制限だったの、糖質制限になっていたのか、ということと、
その後の糖質の摂取が、どれほどの量と期間による高血糖状態だったのか、が気になるところです。
いずれにしても、膵臓のβ細胞は、やはり、糖質制限で休ませられることは間違いないということだと思います。


> 中島と申します。
> いつもブログを拝見し勉強させて頂いています。
>
> 週刊ポスト記事の中で、糖質制限をするとβ細胞の活動が減り機能低下を招くという論文の紹介がありましたが、こちらについてはどのようにお考えでしょうか?
>
> どうぞよろしくお願い致します。

tamami oyanagi | URL | 2017/10/11 (Wed) 09:54 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/16 (Mon) 09:51 [編集]


大柳さま

ご回答頂きありがとうございます。
ご返信が遅くなり、申し訳ございません。

たしかに、糖質制限のそもそもの目的が「β細胞を休ませること」ですね。

ケトン体が生成されるほど糖質制限されてる方でも基礎分泌はありますから、機能低下を招くようなことはないのでしょうね。

今後も楽しみに拝読させて頂きます。

中島千佳 | URL | 2017/10/18 (Wed) 12:14 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/23 (Mon) 14:23 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)