管理栄養士のローカーボ・キッチン

甘味料について

クライマックスシリーズ、引き続き、楽しみですね〜

野球といえば、
先日、神宮球場で大学野球を観た帰りに、
冷えた体を蕎麦焼酎の蕎麦湯割りで温めようと、
久しぶりに千駄ヶ谷のみろく庵へ行ったら、
お昼時を過ぎていて、
いつもならガラガラなはずなのに、
キャリーケースを持った方などで結構混んでいて、
お手洗いにつながる店の奥では、
従業員の方々がテーブルに伏して休まれていて、
藤井四段の「豚キムチうどん」効果を改めて目にしたようでした。

さて、本日は、甘味料について再考です。

甘味料の分類については、
財団法人 農畜産業振興機構によると、現在、
糖質系甘味料と非糖質系甘味料に分けられています。

糖質系甘味料は、
砂糖、ブドウ糖、果糖、オリゴ糖、糖アルコールがあります。
いずれも自然界にある

非糖質系甘味量は、
天然甘味料と人工甘味料に分けられ、
天然甘味料は文字通り、
天然の植物の葉や果実などに含まれている
甘味成分を抽出した甘味料です。
人工甘味料は、
アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウム、
サッカリンがあり、化学合成により作られます。
人工甘味料は、
日本国内では、添加物として使用が認められ、
カロリーや糖質ゼロの飲料、
菓子類などの甘味料として広く使われています。

しかし、世界的に見ると、
人工甘味料については、
さまざまな健康被害が指摘されています。

人工甘味料を摂取し続けていると、
腸内細菌叢に変化が起こり、
かえって肥満が起きたという研究結果は
イギリスの科学誌『Nature』に掲載され、
話題になりました。

血糖を上げない甘味料はというと、
糖アルコールのエリスリトールです。

糖アルコールには、
キシリトール、マルチトールなど、
種類がありますが、エリスリトール以外のこれらの
糖アルコールは、砂糖ほどではないけれど、
若干、血糖に影響すると言われています。
まったく血糖を上げないのは、
エリスリトールだけです。
そして、エリスリトールは、
お腹がゆるくなりやすいという
糖アルコールがもつ弱点がもっとも少ないことでも知られています。

血糖を上げない市販の甘味料をみてみると、
2種類、あります。
多く出回っているのは、
エリスリトールを主体に、
さきほどの、
化学合成によってつくられた人工甘味料を
添加物として添加したもの。

もうひとつが、
エリスリトールを主体に、
「羅漢果(ラカンカ)」という果実から抽出される
高純度エキスでつくられるものです。
これが、つまり、
「ラカントS」という商品名になります。
「ラカントS」に使われるエリスリトールは、
トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分とされています。

クリニックやレシピ本でも、
血糖を上げない市販の甘味料として、
「ラカントS」をお勧めしているのは、
人工甘味料のリスクは避け、
安心して毎日使え、
日本で手軽に購入できる甘味料は、
今のところ
「ラカントS」しかないという理由からです。

「ラカントS」には
顆粒と液状の2つのタイプがあります。

顆粒は、加熱調理の甘味料に向いています。
すき焼きの割り下や、
甘い照り焼きなど。
すき焼きの割り下など、
たっぷり使いたい時には、
血糖を上げる心配がなく、
人工甘味料のリスクも考える必要がなく、
家族全員で楽しめるので安心です。

液状は、
味噌に合わせて甘味噌にしたり、
酢に合わせて甘酢にしたり、
加熱しないで、そのまま甘味をつけたいときに役立ちます。
ココアの粉や抹茶、きなこ混ぜると、
甘いココアソース、抹茶ソース、きなこソースになります。
豆乳やココナッツミルクを
ゼラチンや寒天で固めておくと、
このソースをかけるだけで、
手軽なスイーツになります。

砂糖は、
三温糖でも、黒糖でも、
血糖は上がるのでご注意を。

例えば米もそうですが、
玄米=未精製なら血糖が上がらないと誤解されやすのですが、
砂糖も穀物も、
未精製であっても含まれる糖質量はほとんど変わりません。
未精製の方が血糖の上がる速度がゆるやかになるだろう、
というだけで、血糖が上がることは変わりません。

ちなみに、
24時間血糖測定器「リブレ」のおかげで、
糖尿病でなくても、
手軽に自分の血糖値と食事の関係を見られるようになりましたが、
糖尿病と診断されていない方でも、
玄米ご飯を食べて食後高血糖になる方がおられます。

しかし、
甘味料に関しては、
100%ナチュラルな血糖を上げない甘味料が
日本のメーカーから市販され、
手軽に購入できることを考えると、
血糖コントロールを続けたいけれども、
甘い味覚が好きという方には、
「ラカントS」は心強い甘味料になるかと思います。

スプーン1杯など、
少量をたまに楽しむ程度で良い、
というのであれば、
はちみつ、メープルシロップやココナッツシュガー、
麹の甘酒など、
自然な甘味を楽しむほうが、
人工甘味料よりは安心かと考えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/11/05 (Sun) 22:52 [編集]


Re: 質問させてください

コメント有り難うございます。
原材料が見えなかったのですが、
まずエリスリトールは、
頂いたページに書かれていた通り安全性が確立されている糖アルコールなので安心です。
ただし、製品写真には、
希少糖と書かれていますので、
エリスリトールに、希少糖が添加されているのでしょうかね?
希少糖については、こちらのページをペースとしておきます。
http://www.matsutani.co.jp/product/rss/rss2.html
「松谷化学工業株式会社」
こちらは国立大学とメーカーが共同で開発しているようで、
安全性については、
「希少糖含有シロップ等に含まれている、
D-プシコース・Dアロースは合成甘味料ではなく、
糖を異性化(※分子式を変えることなくその化学構造を変えること)によって生産されています。
その為、希少糖は安全性が高く
副作用は認められていないと現在の研究ではいわれています。」
とあります。
希少糖は文字通り、希少な糖=高価であるため、
希少糖を使った製品の多くは、
希少糖自体は、数パーセント添加されているだけで、
そのほかの大部分は、
オリゴ糖や人工甘味料糖、
あるいは砂糖や異性化糖液糖など
血糖値を上昇させる甘味料や人工甘味料など、
何かしらの柱となる甘味料に、
希少糖を少々、添加しているものが多いのが特徴です。
今回頂いたページの製品の、
柱となる甘味料がエリスリトールのみであれば、安心かと思います。
なぜ、官民一体となって希少糖を開発、推奨しようとしているかは、わかりませんが。

tamami oyanagi | URL | 2017/11/07 (Tue) 07:20 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/11/07 (Tue) 09:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)