FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

ごはんと糖質


新年おめでとうござます。

お正月、いかがお過ごしでしたか。

お餅やお寿司、鍋のあとの雑炊などなど、
糖質をいつもより多く食べる機会があった方も多いかと思います。

お米といえば、
糖質制限中、
ごはんの代用食品として豆腐を楽しむ方も多いかと思います。
豆腐は淡白で味わいで、白い色合いも、
ごはんがわりになりやすく、私もレシピ本でも、
水切りした豆腐をごはんにみたてたどんぶりや、
水切りした豆腐を崩しながらパラパラと炒める
チャーハン風など、多くご紹介してきました。

『糖質制限その食べ方ではヤセません』の中にも紹介していますが、
明治時代の文豪、夏目漱石の小説の中でも、
糖尿病と診断された人物が、
「既定の分量以外の澱粉質を摂取する事を主治医から厳禁」され、
「情けない事になっちまった」と、
「日本に生まれて米の飯が食えないんだから可哀想だろう」と、
書かれています。
そして、米の飯のかわりに食べているのが、豆腐なんですね。

時代が変われど、
米の飯が食べられないさみしさ、
米の飯の代用食品として豆腐という発想は、
変わらないようです。

そしてここにきて、
糖質制限の広がりとともに、
なんと、
サンコーというメーカーから、
糖質が溶け出た煮汁を捨てることで糖質を33%カットできるという、
「いつものご飯を低糖質に『糖質カット炊飯器』」
が発売されるそうですよ。

糖質カットのメカニズムは、
お米を煮たときに溶け出す糖質成分(煮汁)を排出することで
糖質をカットできるとのこと。

糖質を33%カットしたごはんが、
美味しいかどうか試してみたいところですが、
お値段は3万円前後のようです。

そもそも米は、
アミロペクチンとアミロースというでんぷんで構成されています。
アミロペクチンはもちもちとした食感のでんぷんで、
アミロペクチン100%が餅米です。
アミロースは、パサパサとした食感で、
アミロース含有がアミロペクチンより多いのが、
タイ米などに代表される長粒米です。

アミロペクチンは、アミロースに比較して、
血糖を上げやすいことがわかっています。

古代米として最近、注目されている品種が、
ミナミニシキやササニシキなど、
アミロース含有の多い米です。
パサパサとさっぱりした食味だかがらこそ、
主食メインの食事しかできなかった昔は、
食べやすく、血糖を上げにくかったと考えられます。

品種改良をすすめ、
冷めてももちもちしたアミロペクチン含有の多い米、
コヒシカリが主流になっていったのは、
コシヒカリは害虫や収穫期の台風など風で倒れにくいなど、
生産者にとっても都合がよく、
一方、
米すら、家で炊くことが難しくなるほど忙しい、
現代社会の消費者のニーズと一致したことも
理由のひとつに挙げられそうです。

いずれにしても、
とった糖質量に比例して血糖が上がる糖質病の方で
主治医と相談し、糖質制限食をとりいれておられる方、
そして、
ダイエット期間中の方はダイエットが終わるまでは、
血糖を上げるほど1食あたりに糖質を多く含む食品は、
控えるほうが無難です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)