FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

油脂の摂り方

冬季オリンピック、
結局、やっぱり、はまっております。
仕事や家事が手につきません、、
スピードスケート
高木美帆選手、小平奈緒選手、
かっこいいですね〜。

男子フィギュアスケート
宇野昌磨選手の
ビバルディの四季・冬も
耳について離れません、、

さて、本題ですが、油脂について考えてみたいと思います。
今回は、オメガ3系脂肪酸についてです。

オメガ3系脂肪酸は、
現代人は優先して摂りたい脂肪酸であると考えます。

オメガ3系脂肪酸の摂取方法としては、
魚(EPA、DHA)を食べること。
そして
アマニ油、エゴマ油(αリノレン酸)を活用すること。
です。

オメガ3系脂肪酸は、
オメガ6系脂肪酸とシーソー関係にあり、
オメガ3系脂肪酸が多くなり、
オメガ3系脂肪酸が少なくなると起こるのが
アレルギーなどの炎症です。

昼食は外食になる、
夕食は買って帰ったお惣菜を開けることが多い、
という場合、
外食な中食で使われる油は、
ピュアなオリーブオイル(オメガ9系脂肪酸)ではなく、
サラダ油などの植物油(オメガ6系脂肪酸)になることがほとんどだと考えられます。

外食や中食で、
ハンバーグ、ステーキ、肉野菜炒め、蒸し鶏など
肉料理になる傾向が多い方は、
魚を食べることも意識して、
オメガ3系脂肪酸の摂取を心がけておきましょう。

魚の缶詰をあける、はシンプルで、便利です。
1日に必要なDHA量は、
魚の缶詰を1缶あけることで簡単に摂取できます。
魚の油は、飽和脂肪酸も豊富です。

飽和脂肪酸でエネルギーを確保したい方にとっても、
グラスフェッドバターやココナッツオイルだけにたよらず、
魚の缶詰の活用をおすすめします。
タンパク質も、
オメガ3系脂肪酸も、
ビタミンDも
摂取できます。

ビタミンDは別の回でご紹介しますが、
ビタミンDは、インスリンの合成と分泌に関係しており、
免疫力や脳機能の維持向上にも効果は発揮します。
ビタミンDは、肉や卵や大豆製品からはほとんど摂取できません。
ビタミンDは、魚に豊富なのです。

本来、紫外線を浴びることで、
皮膚で、コレステロールを材料に合成できますが、
今、積極的に、紫外線を浴びる方、
少ないと思われます。

オメガ3系脂肪酸にはなしを戻しますが、

EPAは、
動脈効果や心筋梗塞、脳卒中、高血圧、がん、アレルギー、
関節炎などの慢性の炎症性疾患など、
さまざまな現代病の予防、改善効果があります。

DHAは、脳の発育や機能の維持、向上に欠かせません。
また中性脂肪を減らしたり、抗酸化作用も報告されています。

αリノレン酸は、脳細胞の活性化のほか、
脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、がん、
アトピー性皮膚炎や花粉症、ぜんそくなど、
アレルギー性の症状を改善します。

現代病といわれるものに、
オメガ3系脂肪酸がいかに有効であるかがわかります。

つづく

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)