FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

小麦製品と乳製品

冬季オリンピック、終わってしまいましたね、、。
どの選手にも感動しましたが、
小平奈緒選手、かっこよかったです〜〜

小平奈緒選手は、
卵と乳製品にアレルギーがあり、
オランダでの生活の中、
パフォーマンスが上がらない原因のひとつを
乳製品や小麦製品の常食ととらえ、
パン食をやめて、米食の和食に変えたそうです。

和食だと、自然に、
みそ、しょうゆ、本みりん、納豆、漬物など、
発酵食品から、
植物性乳酸菌も摂取しやすいと考えます。

小麦に含まれるグルテン、
乳製品に含まれるカゼインは、
リーキーガット症候群(超漏れ症候群)の原因として知られています。

腸の粘膜に炎症を起こし、腸粘膜を荒らしてしまうと、
十分に分解されていない大きな分子も通してしまい、
それが抗原となれば免疫が過剰に反応し、
アレルギーを発症します。

リーキーガット症候群は、
うつや、イライラなどの精神疾患のほか、
ADHDなどの多動症、自閉症といった発達障害との関わりも指摘されています。

腸の炎症は免疫の低下にもつながります。
また、
腸の炎症が起こると、
炎症性のサイトカインが増えることで、
肥満にもつながると言われています。

戦後、まだ続いている
輸入小麦の食パン、
毎日1本つく牛乳、
欧米では使用を禁止しているマーガリンの学校給食は、
もう、そろそろ、変えることはできないのでしょうか、、。

牛乳については、
よく育てらた牛の乳を、たまに、滋養強壮として
子牛からわけていただく、程度のものなのかもしれません。

小麦製品は、
昔から日本で食べられていたのは、
うどんやすいとんなど
地元でとれる小麦単体、
つまり、
油や添加物にまみれでないものばかりです。

問題は、
菓子パン、惣菜パン、ドーナッツ、クッキー
カップラーメン、
レンジで加熱するだけのパスタや焼きそば、
惣菜売り場のかきあげ、フライなどなど、
小麦グルテンもさることながら、
酸化油脂やトランス脂肪酸、食品添加物まみれの
小麦製品だと考えます。

ヒトという生物の共通している栄養摂取、
たとえば、
四六時中、血糖値を上げるようにできていない、
血糖値を下げる手段は、
膵臓のβ細胞から分泌される
インスリンというホルモンしか持ち合わせていない
というのは、
人種に関係ない事実ですが、
たとえば、
牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を、
東南アジア人の多くは持ち合わせていない、など、
人種によって進化の過程で身につけた
代謝にあった栄養摂取をあわせて考え、
組み合わせていくことも大事です。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)