FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

血糖コントロールと同じくらい重要なこと

糖質制限食というもの、
それ自体の本質は、
食後高血糖を防ぐことができること、
それだけです。

とても単純なことですが、
食後高血糖を防ぐことは、
食で健康を叶える上で避けて通れません。

食後に高血糖を防げる糖質制限食は、
インスリンや投薬に頼り過ぎないで、
合併症を予防したい糖尿病の方には有効であるどころか、
糖質制限食でしか血糖コントロールはかないません。

また、
余分な体脂肪があって、
体脂肪を優先的に燃焼したい方にとっても、
糖質制限をして血糖値を上げない時間をつくることは
効果的です。

つまり、
血糖コントロールは糖質制限で行えますが、
血糖コントロールしか糖質制限ではかないません。

何をどのように食べるかは、
糖質制限をしてもしなくても、
カロリー制限食であっても、
別の栄養科学として考え、
実践しなければなりません。


糖質制限の結果、
主食を抜いて、とんかつなど揚げ物ばかり食べて、
お酒も飲んで体調を崩して、
だから糖質制限食は危険だという週刊誌の記事がありましたが、
それは糖質制限の栄養科学(食後高血糖を防ぐこと)を
批判するものではなく、
とんかつなどの揚げ物ばかり食べて、
お酒を飲みすぎる栄養摂取について批判すべきだと考えます。

糖質制限をしてもしなくても、
揚げ物ばかり食べて、お酒を飲みすぎることは、
健康に良くないことはたいていの方はわかるかと思います。

揚げ物の過食や常食は、
酸化油脂やトランス脂肪酸の摂取につながり、
炎症リスクが高まり、
アレルギーや動脈硬化の原因になります。
糖質制限とは無関係に、、。

そのほか、たとえば、
糖質制限をしてもしなくても、
肉しか食べず、魚をほとんど食べないなどの
偏ったタンパク質摂取を続ければ、
肉には含まれず魚に含まれる栄養素、
ω3系脂肪酸やビタミンDは不足します。

ω3系脂肪酸の不足は、
血液が凝固しやすくなり、
アレルギーが発症しやすくなり、
記憶力や学習能力が低下します。

ビタミンDの不足は、
骨がもろくなり骨折しやすくなったり、
歯茎が弱ったり、
虫歯になりやすくなります。

食物繊維の不足は、腸内環境の悪化につながり、

人工甘味料など食品添加物については、
常に世界中でその安全性に対して議論が続いています。

これらは、すべて、
糖質制限とは別のステージのはなしです。
主食を食べようが、抜こうか、
揚げ物ばかりたべたり、
お酒を飲みすぎたり、
食物繊維が不足すれば、
さまざまな病気のリスクにつながることは、
一般的に言われていることと同じです。

私たちの身体は、
血糖コントロールさえかなえば健康になれるほど
単純ではありません。

なにをどう食べるかを、
現代社会の食卓に落とし込む場合、
100年前、私たちのご先祖様は、
その食事を、そのような食べ方でしていたか、を
考えるようにしています。

糖質もエネルギーとしては有効活用できることを考えると、
古代米や雑穀、芋や十割そば、
季節の果物(糖度保障などされていない自然なものは手に入らないのかもしれませんが、、)
自然な糖質はエネルギー源として、
成長期やアスリートなど、
エネルギーが必要な方にはおすすめしています。

避けるべきは、
糖質であろうが、タンパク質であろが、脂質であろうが、
過度に加工、精製された、ジャンクフードと言えるかもしれません。
糖質であれば、
菓子パン、カップ麺、温めるだけのインスタントパスタなどの常食。
タンパク質であれば、
出来合いのとんかつ、天ぷらなどの揚げ物や炒め物、
ウインナーやフランクフルトなど肉の加工品の常食。
など。

世界中で使用が禁止されているトランス脂肪酸も、
積極的に摂る必要があるでしょうか。
トランス脂肪酸は、
カレールーや焼き菓子、菓子パン、食パン
ファーストフードのポテトフライなどの揚げ油などに
含まれているため、
糖質制限をすれば結果的に摂らずに済みます。

できるだけ自然な環境で飼育された健康な肉や卵に、
旬の魚介、
大豆製品などを組み合わせてタンパク質系の食品を確保し、
みそやしょうゆ、酢、本みりんなど和の発酵食品や
藻塩など天然塩でシンプルにあじつけをし、
季節の野菜や海藻、きのこ、こんにゃくなどの食物繊維を
たっぷり組み合わせる食事は、
糖質制限であろうか、なかろうが、
血糖コントロールと同じくらい、
食で健康をかなえる上でかかせないアプローチと言えます。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/04/15 (Sun) 11:39 [編集]


Re: 記事ありがとうございます。

みのさま
サプリメンとはやはり良質なものを活用されるのはより良い健康を維持するうえで役立つと考えています。わたしも結構、飲んでいますよ〜。とくに現代人にとってビタミンCはサプリメントで摂取する方が、新鮮で安全な野菜や果物選を選んで購入し食べ続けるより安価で手軽ではないかと考えます。

tamami oyanagi | URL | 2018/05/11 (Fri) 10:13 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)