FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

国際オーソモレキュラー医学会 第47回世界大会

本日2018年4月27日(金)から29日(日)、
国際オーソモレキュラー医学会の世界大会が、
今年、初めて東京で開催されます。初のアジア開催です。
会場は、セルリアンタワー東急ホテルです。

そしてこの度、
明日4月28日(土)14:00〜16:30 ROOM1
「ヘルスケア・プロフェッショナルが実践する栄養療法」
にお招きいただき、
「栄養療法におけるクリエイティブな食事指導の重要性」と題し
お話させていただきます。

オーソモレキュラー栄養療法は、
病気や不定愁訴に対し、
その症状を、投薬でとりあえず一時的に見えなくするだけでなく、
その症状を引き起こしている栄養の過不足を
生化学データからみつけ、
栄養の過不足を食事やサプリメント=栄養素で整え、
根本治療を目指すものです。

オーソモレキュラー栄養療法は、
私たちが食べるもの(栄養素)が、
こころとからだに大きな作用を及ぼす
という大原則に基づいています。
そのためには、まずは、
サイエンスとしての栄養科学を知ることが重要ですが、
栄養学は、実践してはじめて活きる科学とも言えます。

現代社会の中で、
平均的人間ではなく
個性をもった個々人の食卓に、
いかに実践しやすい形で落としこむのか、
栄養指導の重要性を考えていきます。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)