FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

すべてのプライオリティーを市民に

国際オーソモレキュラー医学会
第47回世界大会が昨日、終わりました。

私がオーソモレキュラー療法に出会ったのは、
今から12年前、
糖質制限理論の出会いと同じときです。

今も非常勤として勤務している
ひめのともみクリニックの
姫野友美院長からのご依頼がきっかけでした。

オーソモレキュラー療法も
糖質制限理論も、
栄養学を学ぶ学校では教わりません。
当初は、眉唾で、しぶしぶ学び、実践しはじめたことを、
姫野友美先生と懐かしくお話しすることがあります。

病気や不定愁訴など、
目に見える症状を投薬でとりあえず見えないように抑えこんでも、
その根っこを改善しない限り、
病気や不定愁訴は治りません。
根っこの問題を先送りすることは、
さらに病気や症状の悪化につながります。

血糖値が高い状態をつくらないために
投薬で血糖値を下げるのではなく、
血糖値を上げる栄養素である糖質の摂取を控える糖質制限理論と、
不定愁訴を投薬で抑えるのではなく、
それを引き起こしている原因を、
血液検査から細胞レベルでとらえ、
血液検査でわかった過不足栄養素を、
食事やサプリメントで整え、
根本治療を目指す栄養療法は、
どちらも、とてもシンプルで合理的で、
この上ない治療法のひとつであると考えています。

昨日、
国際オーソモレキュラー医学会
第47回世界大会の最終日、
国際オーソモレキュラー医学会 会長
柳澤厚生先生より
閉会のご挨拶で
東京宣言が発表されました。

患者さんにすべてのプライオリティーをおく
「ニューエイジメディスン」という
キャッチフレーズが掲げられ、
すべての治療法の中から、
最適な治療を選択する医師をはじめ、
栄養療法に携わるわたしたちは、
学会からも、
国からも、
そして製薬会社からも自由で、
何にも制約されず、
患者さんのことを第一に考える。
という内容です。

患者さんだけでなく、
予防医学の観点からみれば、
すべての市民のための東京宣言であると言えます。

はじめに投薬ありきの治療ではなく、
根本治療を目指すことで、
人のからだに本来、備わっている力を強くして、
たとえば病気であっても、
イキイキと元気に快適な生活がおくれることを
私自身、クリニックでは日々、
患者さんに教えていただいています。

さまざまな健康情報が氾濫し、
常識や権力の力は大変、大きなものですが、
だからこそ、
自分の健康は、
誰かに何かに丸投げすることなく、
自分で考えて実践することが大事です。
それに役立つ正しい栄養科学の情報発信を、
これからも鋭意、努めて参りたいと改めて強く思っております。

学会でお会いした皆々様に
この場を借りて改めて御礼申しあげます。

次回は、
今回の学会で
わたくしがスピーカーとしてお話しさせていただいた中で多かった質問に関して、
整理してお伝えする予定です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/05/09 (Wed) 21:58 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/05/10 (Thu) 21:30 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/05/11 (Fri) 00:12 [編集]


Re: 驚いたこと

BJ さま
すごいご縁に感動しております!これからもよろしくお願いいたします!

tamami oyanagi | URL | 2018/05/11 (Fri) 10:14 [編集]


Re: ご無沙汰しています

松永さま
コメント有難うございます。お元気そうで何よりです!
スポーツ栄養に関してはこちらの記事を参考にされていただけましたら幸いです。
「スポーツと栄養 ビタミン」2013/09/25
http://lowcarbkitchen.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

tamami oyanagi | URL | 2018/05/11 (Fri) 10:17 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)