FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

食べたものでできている

昨日、美容関連のお仕事をされている方に向けて、
実践栄養学講座の講義をさせていただきました。
4時間近くの講義に参加していただきました皆様、
お疲れ様でした。

私たちの体も心も、
すべて、栄養素で作られます。

美しい肌や骨の健康に欠かせないコラーゲンも、
タンパク質、鉄、ビタミンCで作られます。

どんな栄養素を入れても、
消化管は、口から肛門まで1本の管。
内側にありますが外界に常に接していて、
栄養の吸収の要です。

腸粘膜をつくるのも栄養素です。
ビタミンAが欠かせません。

入れる栄養素も大事ですが、
栄養や人体を消耗する物質をできるだけ入れないことも
同じくらい、大事です。

酸化油脂、人工甘味料、トランス脂肪酸、
農薬、ホルモン剤など、
不自然な物質は、できるだけ避けておいたほうが無難かと思われます。

400万年とも600万年とも言われる人類の歴史の中で、
農耕によって人類が穀物にアクセスできるようになったのは
1万年とも3万年とも言われますが、
ほとんど穀物=糖質にアクセスできない環境の中で得た、
消化管機能しか、まだ人類は持ち合わせていないのだから、
糖質を毎食摂取して、インスリンを分泌させるのは、
不自然であるというのが、
糖質制限理論の根幹とも言えますが、
穀物どころか、
栄養素ではない化学物質を食事から毎食摂取することのほうが、
穀物以上に、不自然です。

しかし、私たちは、食べるもの(栄養素)を、ある程度、選べます。
食べるという行為で、栄養素を取り入れることができます。

食べるという行為は、
自分でしかできない行為です。
誰かのために変わって食べてあげることはできません。

人生の中で、食べるという行為は、
自分の意思でやろうと思えば、
誰にも影響されないですみます。
人生の中で、こんな自由な行為は、
他に、あまりないのではないかと、常々、思っています。

EPA、DHA、ビタミンDなど、
魚からしか摂取できにくい栄養素がありますので、
タンパク質系の食品は魚を意識し、
マグネシウム、カルシウムなど、
ミネラルをバランスよく含む大豆製品からの
タンパク質摂取も心がけ、
そこに、
良質な卵や肉を添えるようにタンパク質系食品を組み合わせ、
色とりどりの野菜、
海藻、きのこ、こんにゃくなど
食物繊維を毎食、これまでの主食にかわるボリューム感で添えるイメージで、
栄養をシンプルに確保しましょう。

糖質はエネルギー源ととらえ、
エネルギーが必要な方は、
グルテンフリーの全粒穀物を活用し、
インスリンを肥満ホルモンにしない程度に、
筋肉増強程度に分泌できるよう、心がけていきたいものです。

その上で、
食事は健康のためだけにあるものでもありません。
文化や情緒も大切に、
新米の季節には精白ご飯を楽しむ
とか
お誕生日にはケーキを楽しむなど、
好きな文化的糖質も楽しむのも良いかと思います。

ポジティブな脱線です。
またすぐ戻せば良いのです。
ハンドリングが大事です。

わたしは、神宮球場に野球観戦に行くと
球場への道すがらのコンビニで購入する
プロ野球ポテトチップをつまみに、
「やった!筒香選手が!」
とか
「やった!菊池選手だ!」
とか
プロ野球チップスについている
おまけのプロ野球選手カードに盛り上がりながら、
球場で売り子さんから購入する生ビールを飲むことも
楽しんでいます。

セリーグは広島東洋カープが優秀しましたね〜
2位は東京ヤクルトスワローズ、確定でしょうかね〜
パリーグは西武の秋山選手、昨日、活躍しましたね〜優勝でしょうね〜
クライマックスシリーズのチケット、購入予定です!が、
ネットに繋がるのだろうか、、、
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)