FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

タンパク質をあきらめない!

一昨日、
「オーソモレキュラーを体現する勇者の集い!」と題して
一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所主催のイベンが東京で開催されました。

「オーソモレキュラー ニュートリション プロフェッショナル養成講座」など
オーソモレキュラー栄養医学を学ぶ講座の資格を取得をされたOB、OG、
現在、講座で学ばれている医療従事者や医師など、
多く方にご参加いただきました。

そちらで私は
「プロテインの美味しい飲み方」を紹介させていただきました。

タンパク質が必要な方ほど、
タンパク質が苦手な方が多いです。

肉が苦手、野菜が好き、などね。
私もその傾向があります。

また、私は最近、年齢とともに、
お肉を食べる量が減ったことを実感します。
お肉だけでなく、年齢とともに食事の量が減りがちな方も
少なくないかもしれませんね。

しかし、タンパク質は、
日々、刻々と、分子レベルでは分解しています。

ろうそくのろうが、
加齢とともに次第に短くなり、
いつか燃え尽きる、
とイメージすると、
オーソモレキュラー栄養療法は、
このろうそくのろうを、
自然のまま短くするのではなく
ろうを足してあげて、
病気の治療や予防やアンチエイジングを叶えると、
そのようにイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。

タンパク質は、
加齢とともに失われる骨、筋肉、脳細胞など
その材料として、
むしろ加齢とともに、その摂取が大事です。
栄養の消化吸収能力だって、
加齢とともに落ちてゆくのですから、、
そんな時、タンパク質の手軽な摂取に役立つのが「プロテイン」です。

お肉が苦手でも大丈夫!
野菜が好きならサラダにかけられます!
ホットドリンクに、味噌汁に、
いつもの食卓にさっと一振りで、
毎日、毎食、無理なく、栄養を美味しく摂取していきましょう。

こちらは、みそ玉です。
IMG_3713.jpg

材料(4個分)
Aみそ:大さじ3
Aプロテイン:大さじ1
Aねぎ(粗みじん切り)大さじ1
Aしょうが(粗みじん切り)大さじ1
Aかつお節:1パック(5g)
B青のり
B桜えび
Bとろろ昆布
Bいりごま

作り方
A をあわせ、4等分して丸め、Bをまぶす。
ラップをして冷蔵庫へ。
器に入れて熱湯を注ぐだけ。


みそは長野県中野市
中野醤油株式会社で取り寄せています。
IMG_3700.jpg

長野県へ講演会に伺ったとき、
「たかはしクリニック」
https://www.takahashi-clinic.net
高橋 嗣明院長先生と
奥様からお土産で頂戴して以来、
あまりの美味しさに、すっかりハマっております。

IMG_3704.jpg

IMG_3706.jpg

IMG_3707.jpg

IMG_3708.jpg

IMG_3712.jpg

IMG_3713.jpg

IMG_3716.jpg
ラップに包んでお弁当と一緒に職場へ持参。

IMG_3723.jpg
熱湯を注ぎます。

IMG_3573 (1)
こちらは、ドレッシングです。
MCTオイル、アマニオイル、オリーブオイルなど、
好きな油と、
お酢やレモン汁など好みの酸味を大さじ1に、
柚子こしょう、粒マスタード、白だしなどお好みのもので味を整え、
プロテインを小さじ1/2入れて混ぜるだけ。

野菜サラダ、きのこサラダ、海藻サラダなど
好きなサラダにかけるだけで無理なくタンパク質を強化できます。

IMG_3559.jpg
こちらは豆乳チャイティー。
鍋に、無調整豆乳200cc、お好みの紅茶1パック、
シナモン1本を半分に折って入れて火にかけます。
最後に、プロテインを小さじ1入れます。

IMG_3565 (1)
ココア、抹茶などの風味でアレンジしても美味しいです。

IMG_3577 (1)
こちらはココナッツミルクのカレー。
ココナッツミルク、カレーパウダー、コンソメでカレーを作ります。
具は、キノコや野菜、シーフードやチキンなどお好みで。
最後にプロテインパウダーを加えると、
サラサラのカレーが、
プロテインの濃度でルーのようにとろみがつきます。

IMG_3454.jpg
キーマカレーも同様です。
鶏ひき肉、しょうがとにんにくのみじん切りを
カレーパウダーとコンソメで味付けし、
最後に、プロテインパウダーを入れると、
カレーがしっとりまとまります。
くるみやパセリをトッピング。

カリフラワーをフードプロセッサーでみじん切りにしたものと、
レッドキャベツをスライサーで千切りにし、
ビニール袋で、藻塩と酢でマリネしたものを添えます。
美味しいですよ〜!

IMG_3447.jpg
まいたけ入りスクランブルエッグです。
まいたけを粗みじん切りにして加えます。

プロテインは砂糖など甘味料が使われていないものほど、
体に良いのでオススメですが、
においや苦みなど味が苦手という場合、
キッチンで置いておいて、
何にでも小さじ、ティースプーンレベルで、
ちょこちょこと加えるのもオススメです。

勤務している
ひめのともみクリニックをはじめ
オーソモレキュラー栄養療法を治療に取り入れておられる
全国のドクターもお使いの、
安心、安全なもので、
医療機関を受診しなくても誰でも購入できる
こちらのサイトでは、
乳や大豆アレルギーに対応した
エンドウ豆のプロテインの取り扱いがありますよ〜。

「オーソモレキュラー.jpモール」
http://orthomall.jp
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)