FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

にんじんと糖質制限とβカロテン

IMG_3801.jpg
にんじんを細切りにし、
ビニール袋に入れて、
藻塩と昆布を漬け込んでいる昆布酢を入れて、
ビニール袋の空気を抜くように閉じて、
冷蔵庫で保存する作り置きの惣菜の一つです。

かつて、にんじんは糖質が多い!と、
あたふたしていた時もありました。

にんじんの糖質量は
1/2本(60g)を一度に食べたとして約4g。
この数字を
多い!!大変!!避けるべき!!と思うか否かは
糖質制限の目的や本人次第です。

私は、
にんじん半分食べても糖質量5g程度なら、
にんじん半分食べて得られるβカロテン量を優先したいです。

にんじんのβカロテン量は
1/2本(60g)に約5000μg。
ビタミンAの推奨量(レチノール当量)に換算すると、
1/2本(60g)に約450μgRE。

厚生労働省がいうところの
成人男性の
ビタミンAの推奨量(レチノール当量)が
850〜900μgRE。

成人女性の
ビタミンAの推奨量(レチノール当量)が
650〜700μgRE。

なので、にんじん1/2本、食べると、
ビタミンAの推奨量(レチノール当量)の
約半分、確保できるかできないか、という量です。

一度、自分が食べている食事を全て栄養計算し、
過不足を見てみたことがありますが、
いつも足りない栄養素の一つが、ビタミンAでした。

レバー、あん肝、うなぎ、銀ダラ、ホタルイカ、穴子などに豊富です。
いずれも、そう頻繁に食べるものではありません、、。

それに比べて緑黄色野菜は
モロヘイヤ、ほうれん草、にんじん、春菊、豆苗、大根の葉っぱ、
おかひじき、小松菜、つるむらさき、菜の花、せり、ニラなど、
年間を通して手軽に安価でスーパーで手に入るものが多いので、
こちらを積極的に活用したいものです。

ちなみに、野菜に含まれるのはβカロテンで、
体内でビタミンA様物質に変わり、ビタミンAと同じ働きをします。
βカロテンは、油と一緒にとると吸収率がアップするので、
魚や肉、卵など、タンパク質の食品と一緒にとるか、
良質なオリーブ油や亜麻仁油などを回しかけるなどがオススメです。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を作り、健康に保つのに欠かせません。
目のうるおい不足、
肌のかさつき、
風邪をひきやすい、
下痢しやすい、
腸内環境が良くないようだなどが気になるときは、
粘膜の栄養不足に注意です。

そのほか、
ビタミンAの不足は、がんのリスクを高め、
逆に、十分なビタミンAが発がんを抑制することがわかっています。

糖質が気になる方は、
ジュースなど液体ではなく、
噛んで食べるという、ゆっくり体内に入って消化される自然な食べ方がオススメです。

目先の細かな糖質量ばかりにこだわって、
全体を見失わないようにしたいと心がけています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にんじん

にんじんは大好きでよく食べていたのに糖質が多いので、食べる機会が少なくなってました。ビタミンAがこんなに取れるとは!一つの面から見るだけではだめですね。早速、昆布酢つけとぬか漬けにもしました。切って待つだけでいいので助かります(๑′ᴗ‵๑)

りえ | URL | 2019/02/10 (Sun) 14:59 [編集]


Re: にんじん

りえさま
コメントいただいておりましたのに、お返事遅くなりまして失礼いたしました、、
にんじん、ビタミンA、すごいです!
昆布酢、ぬか漬けも美味しいですよね!
これからも簡単にできて美味しい健康食を共有できましたら嬉しいです。

tamami oyanagi | URL | 2019/02/21 (Thu) 18:50 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)