管理栄養士のローカーボ・キッチン

焼酎サーバー

焼酎サーバー

焼酎を楽しむために、
焼酎サーバーを買いました。

レバーをまわすと、
ちょろちょろっと出てきます。
(焼酎は自分で入れないと、湧いては出てきませんよ。念のため)
この、
ちょろちょろ具合がいい感じです。
どばどばっと出ないので、
入れすぎないよう自制できます。

糖質制限食では、
蒸留酒は、糖質を含まず、血糖値を上げないのでOK。
醸造酒は、糖質を含み、血糖値を上げるのでNG。
となります。

蒸留酒は、
その原料が
米でも麦でも芋でもとうもろこしでも、
蒸留してしまえば糖質は0になります。

蒸留酒って、
エネルギーにも栄養にもならない。
単なる嗜好品。
人類の進化の過程で、
どのようにして
それを作ったのか、出来たのか、
欲したのか、
わかりませんが、
単なる嗜好品でしかないなんて、
文化的な飲み物とも言えるかも。

ワインは醸造酒ですが例外です。
ワインの残糖は少なく、
血糖を上げるほどではありません。

お酒の中では、
わたしはやっぱりワインが一番、好きです。
赤ワインなら、
まろやかなブルゴーニュ。
熟成ボルドーもいい。
ドライで芳醇な白も、
とくにこれからの季節、欠かせません。
休日は、朝からシャンパーニュ(朝シャン)なんてのもいいですよね。
シャンパーニュは、手軽なご褒美として案外、楽しみやすいと思います。
ワインだと、高価なものは何十万、何百万なんてものもありますが、
シャンパーニュは5000千円前後で楽しめるので。

そんなこんなで、
わたしは、毎日、ワインを空けたいくらいなのですが、
わたしの財布が、嫌だといってきかないので、
焼酎サーバーの力も借りて、
焼酎ライフも楽しみたいと思います。

ワインの糖質に関しては、後日、改めて。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます
「女は黙って芋焼酎」が座右の銘です(冗)
うちにもこれ置きたいぐらいなんですよね~・・・置き場がないので諦めています

シャンパーニュは高いけれど、カバ(スペイン北東部で生産されているスパークリングワイン)なら同じ瓶内二次発酵製法で美味しいし、安い!で、ちょっと晴れがましい日にはこれを選ぶことが多いです
ただ砂糖を添加しているものもあるようで、セコ(ドライ)を選ぶようにしていますが

ワインのお話、楽しみにしていま~す

PS:先日紹介されていたこんにゃく麺、早速取り寄せて食べています
こんにゃく臭さがいい意味でなくて食べやすいですね
たぶんリピートしますv-238

caorita@日傘出動 | URL | 2013/04/19 (Fri) 08:59 [編集]


蒸留酒のエネルギー

「蒸留酒はエネルギーにもならない」とお聞きして嬉しい限りであります。でも小生の場合は 焼酎やウイスキーが 確実に下腹周りの寸法に影響を与えている実感があり 蒸留酒は人様にとっては車のガソリンである と思っていたのですが これは 勘違いでしょうか。

伸之介 | URL | 2013/04/19 (Fri) 10:58 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@日傘出動 さま

> 「女は黙って芋焼酎」が座右の銘です(冗)
素敵〜〜!!

> PS:先日紹介されていたこんにゃく麺、早速取り寄せて食べています
> こんにゃく臭さがいい意味でなくて食べやすいですね
> たぶんリピートします
わたしもハマってます。
塩味で、
レモンをしぼって
フォー風にして食べるのにハマってます。

tamami oyanagi | URL | 2013/04/21 (Sun) 08:30 [編集]


Re: 蒸留酒のエネルギー

伸之介
> でも小生の場合は 焼酎やウイスキーが 確実に下腹周りの寸法に影響を与えている実感があり 蒸留酒は人様にとっては車のガソリンである と思っていたのですが これは 勘違いでしょうか。
飲み過ぎですかな?
あるいは
つまみ(カロリー)のとり過ぎか。
あるいは
運動不足。
筋力(腹筋)の低下。
などでしょうかね。
焼酎だけなら太らないと思います。
ただ、ビタミンなど栄養素を消耗するので、
たんぱく質系の食品は食べないと
代謝が落ちて太りやすく
痩せにくくなります。

tamami oyanagi | URL | 2013/04/21 (Sun) 08:32 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/04/22 (Mon) 15:07 [編集]


Re: 湧いて出てほしい(笑)

同感(笑)!!

tamami oyanagi | URL | 2013/04/23 (Tue) 08:16 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)